アデコグループのスプリング転職エージェント

転職ノウハウ:転職を考えたなら転職の流れ:事前準備から退職までのやるべきことガイド

転職を決意してから退職手続きまでの一連のプロセスは、イメージできていますか?特に初めての転職の場合は、転職活動にどのくらいの時間がかかり、どういった順序で進めたらよいのかわからない方もいるかもしれません。転職を成功させるためには、仕事と同じく全体の流れを把握し、一つ一つの段階をしっかりと踏んでいくことが重要です。「自分の将来のための仕事をしているのだ」という意識を持って、情報収集や事前準備、書類作成のポイントなどを押さえ、スムーズに転職活動を進めていきましょう。

転職活動のスケジュールを立てる

転職活動のスケジュールを立てる

まずはいつをめどに転職するか、逆算してスケジュールを組み立ててみましょう。転職活動期間は企業やポジションによってもさまざまですが、一般的に3カ月が平均といわれています。スケジュールを組み立てる際には、現在勤務している会社の退職手続きにどれくらい時間がかかるのかを予測しておくことも重要です。現職の就業規則で定められた退職告知期間のルールはもちろん、現在進行している仕事やプロジェクトに迷惑がかからないタイミングはいつか、引き継ぎに要する期間なども考慮して目標とするスケジュールを立てましょう。

キャリアの棚卸しをする

転職を成功させるために、まずは自分自身のキャリアの棚卸しを行いましょう。キャリアの棚卸しとは単なる職歴の列挙ではなく、今までの仕事の中でどんな結果やスキルが得られたか、今後どのような仕事ならばそれが生かせるのかを確認する作業です。これまでの仕事を振り返り、どうして自分が転職したいのか、自分の強み、弱みは何か、これからどのようなワークスタイルで何の仕事をし、キャリアを築いていきたいのかを、しっかりと把握しましょう。

参考コラム

求人情報を探す

キャリアの棚卸しが完了したら、転職サイトや転職エージェント等で求人情報を探します。周囲の人たちに「こういう仕事をしたい」と意思表示してみるのもよいでしょう。気になる求人情報を見つけたら、募集職種、仕事内容、応募資格等を確認し、棚卸した自分のキャリアや方向性と合っているか照合します。また、求人企業の将来性を判断することも応募先を選択する際の重要なポイントです。会社情報や職場環境に関してできる限りの情報を集め、自分の志向に合う求人か確認しましょう。

応募書類を作成する

応募する会社が決まったら、必要な書類を作成します。一般的に中途採用に必要とされる書類は「履歴書」と「職務経歴書」、外資系企業であれば英文履歴書(レジュメ・CV)です。履歴書は、学歴、居住地、経歴、資格などをまとめたもので、特に指定がなければA4(見開きでA3)、またはB5(見開きでB4)サイズで用意します。職務経歴書や英文履歴書は、どのような職務をどれくらいの期間経験したか、どんなスキルがあるか、というあなたの職務経験に関する情報をまとめたものです。サイズはA4が一般的です。書類の内容次第で書類審査を通過できるかどうかが決まりますので、求人情報や収集した情報から企業が求める人材像をイメージし、作成しましょう。

求人に応募する

応募書類が作成できたら、いよいよ応募です。転職サイトから応募する際は自身で応募しますが、転職エージェントを利用する場合は、転職エージェントがあなたに代わって企業に推薦という形で応募します。複数の企業に応募し比較検討しながら転職先を決めていくことが多いです。

面接を受ける

書類選考に通過すれば、面接の段階です。面接は複数回行われるのが一般的です。一次面接から最終面接までのステップは数週間にわたることが多いため、面接結果に一喜一憂し、現職の仕事とのスケジュール調整に気を使うのもこの時期です。面接対策をしっかりと行いながらも、時にはリフレッシュし、前向きに気持ちを切り替えながら乗り切りましょう。

参考コラム

条件交渉・内定受諾

最終面接に通過すれば、内定オファーと詳細な条件提示が行われます。なお、外資系企業などでは内定オファー前後に「リファレンス(レファレンス)チェック」という、あなたの過去の職務内容や勤務態度に関する個別ヒアリング調査を行うことがあります。リファレンスの照会先として数人の推薦者の提示を求められる場合もありますので、誰に依頼するかあらかじめ考えておくとよいでしょう。

提示された条件が希望にそぐわない場合は交渉します。「悪い印象を与えたくない」「入社してから立場が悪くならないようにしたい」などと考えてしまい、つい遠慮してしまいがちな条件交渉ですが、なぜその条件を希望するのか、その理由を明確にすることで理解してもらえる可能性も高くなります。内定の意思表示は、条件に合意してから行いましょう。

退職準備をする

内定受諾後、現職の場合は退職手続きを行いながら転職先の企業と入社日を調整します。就業規則に退職に関する規定があればそれに従います。できるだけ円満に退職するために、2カ月前を目安に上司に退職の意思表示をしましょう。

参考コラム

転職エージェントを活用しよう

転職活動には多くの段階があり、時間も手間もかかります。仕事をしながら求人情報を収集したり、応募書類を作成したりすることは想像以上に時間がかかり、負担になるものです。転職エージェントを利用すれば、多数の公開・非公開求人の中からあなたの経験や志向に合った求人を紹介してもらえるので応募先を探す時間がセーブできます。また、自分では気づかなかった強みを客観的に見出し、新たな方向性を示してもらうこともできます。

また、求人への応募時も、書類の添削や応募の際に推薦文を添えることで書類選考の通過率が自分で応募するよりも高いこともあり、次のステップに進みやすいというメリットがあります。

面接の段階以降も面接対策や日程調整、さらには内定後の条件交渉も行ってくれる点も、転職エージェントを利用する大きなメリットです。退職交渉でトラブルがあった場合や転職に反対する家族がいる場合は、相談にのってもらうことも可能です。

転職エージェントは無料で利用でき、費用は一切かかりません。転職を成功させるためにも、まずは転職エージェントに登録してみましょう。

関連コンテンツ

Spring転職エージェントの無料転職支援サービス

Spring転職エージェントでは専門分野に特化したベテランのコンサルタントが、忙しいあなたに代わって、情報収集、求人への応募、面接日時調整などを行います。レジュメ添削、面接対策など豊富な成功事例を元にサポートも充実しています。費用は一切かかりませんので、転職をお考えの際は、お気軽にご相談ください。

Springに登録(無料)

各業界に精通したコンサルタントがあなたの転職をサポートいたします。

転職ノウハウ
転職支援とは
特徴やメリットについてご紹介します
  • mixiチェック