40代、年収UPのポイントは?―経理財務・人事系

経理財務、人事などの管理系職種の40代の年収について解説します。40代の平均年収や、転職時に年収を上げるポイント、転職成功事例についてもご紹介します。40代の方はもちろん、20~30代の方は将来のキャリアプランの参考にしてください。

40代の平均年収は約482万円

国税庁の「民間給与実態統計調査(2017年分)」によると、1年を通じて勤務した給与所得者(40代男女)の1人当たりの平均給与は約482万円です。性別で分けると、男性は約599万円、女性は約309万円です。

(単位:万円)

男女 男性 女性
40~49歳 482 599 309
40~44歳 468 569 308
45~49歳 496 630 310

会社規模や業界、職種、役職などのポジションによって年収は変わるため一様に言えるものではありませんが、当社に寄せられる40代求人の平均年収は、約600万~1,000万円となっています。このうちITや建設・建築業界の平均年収は全体的に高めの傾向にあり、これは人手不足や年間休日が少ないなど各業界が持つ事情が背景にあります。

また社員数の多い大企業では年収を高く設定する傾向にありますが、社員が30人程の中小企業やベンチャー企業などでも高収入を約束するケースもみられます。職種別の平均年収は公表されていませんが、経理財務、人事など管理系職種の40代の平均年収は、概ね600万円前後になるとみられます。

40代の転職、管理系職種で年収UPのポイントは?

管理系の職種の転職は、企業が求めるニーズを理解することで年収アップを実現する例が増えています。そのポイントをご紹介します。

日本企業の多くは40代の管理職に対して、部下に対する指導力やチームを率いるリーダーシップだけではなく、実務をこなす能力も求めるようになりました。部下の評価や決裁のみの管理職と比べ、マネジメントと実務を兼務する「プレイングマネージャー」経験のある管理職の方が企業からのニーズは高く、弊社のご紹介で転職が決まった方の中にはマネジメント経験に加えIPOに携わった経歴が高く評価され、当初提示された年収から大幅にアップした事例もあります。

転職回数についてもポイントがあります。過去、日系企業では転職回数が多いとネガティブな印象となり評価につながらない傾向にありましたが、近年は、複数の企業の就業で得た経験や専門知識とそれに伴う成果、また企業文化に対する柔軟性と適応力も評価対象となるケースが増えてきています。転職回数が多いと業務が多岐に渡り一貫性がないと捉えられたり、一貫して同じ職種でも業務は表面的にしか携わっていないと判断されてしまうこともあります。事前にしっかりとキャリアの棚卸しを行い、自身の強みを見極め把握することが年収アップにつながります。

経理・財務であれば先に挙げたIPOや決算処理の経験、人事関連であれば人事制度の構築や新規プロジェクト導入など、40代の転職は過去に自身がどのような経歴を歩み、どのような実績や成果を出してきたかが問われ、それが転職時の年収に大きく影響します。資格を気にされる方もいらっしゃいますが、日商簿記1級、税理士科目、社労士など、取得された資格はある程度の目安にはなるものの、やはりその資格を元にどのような実績を出したかによって年収は左右されます。

40代で年収アップ、経理・人事系の転職成功事例

では実際に、40代の転職で年収が上がった人の成功例をご紹介しましょう。

年収750万から800万円へ。経験を生かして年収アップ

人事部のマネージャー職として、同業種への転職に成功した男性Aさま(当時45歳)。年収は750から800万円にアップし、上場準備中のサービス企業で活躍されています。

職歴が5社のAさまは、転職回数が多いことなどから当初、転職活動が成功するかどうか不安になられていました。そこでAさまへのヒアリングから、Aさまがグループ企業を横断した採用・制度設計に携わり、人事部門に加え役員や代表らを巻き込みプロジェクトを推進したエピソードなどを引き出しました。また人事業務の幅広い経験やプレイングマネージャーとしての豊富なスキルもあり、これらを面接でアピールした結果、高く評価され内定通知を受け取ることができました。

職歴6社、異業種への転職で年収を上げることに成功

職歴が6社の男性Bさま(当時45歳)。当社のサービスを通じてITから不動産といった異業種の転職に成功。年収は750から770万円に増加しました。

Bさまは、これまで上場企業や上場準備中の企業で勤務。経理業務を中心に、システムの導入や業務改善に携わるなど幅広い経験と知識があり、またプレイングマネージャーとしても長く活躍された経歴をお持ちの方でした。この経歴はもちろんのこと、転職先の企業はBさまの異なる企業文化への柔軟性も高評価。その結果、年収アップで内定通知を頂きました。

40代の年収を分けるポイントは

20~30代のうちに組織の舵取りやプロジェクトに携わるなど役職に留まらず実務に関わった経験は、40代で年収を上げるチャンスになります。しかし、40代となった今、転職をしようと振り返ったときに「ずっと同じ職種で働いてきたが、他の人に勝る立派な経験がない」「突出したスキルが何か分からない」と躊躇される方も多いのではないでしょうか。その際はぜひSpring転職エージェントにご相談ください。各職種と業界に精通したコンサルタントと共にキャリアを振り返り理想の転職ができるよう、しっかりとサポートさせていただきます。

関連ブログ
関連リンク

Spring転職エージェントの強み

今回ご紹介した事例以外にも、たくさんの職種で実績事例があります。管理部門系での転職をお考えの方はぜひSpring転職エージェントまでお気軽にご相談ください。

Springに登録

コンサルタント

吉上 耕平
専門・担当領域:管理部門系(経理・人事)

大学卒業後、小売流通業界の企業に入社し店舗運営業務に就く。
その後、より深く人と関われる人材サービス業に興味を持ち、Spring転職エージェント(アデコ株式会社)へ転職。
経理・人事といった管理部門系の職種の方々の転職支援を行う。

関連記事

転職ノウハウ に戻る

各領域に精通したコンサルタントが、あなたと企業のベストマッチを創ります

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります