スペシャリストになりたい! ゼネラリストから転身したい30代女性

年齢が上がるほど、転職においてはゼネラリストよりスペシャリスト募集の方が多くなります。
新卒採用でよくある「総合職」は、30代以上の転職においては募集をみることはほとんどありません。日本型雇用慣行のひとつにジョブローテーションがあります。転職市場では転職歴が少ないことは歓迎されますが、一方で一社にて長く勤務しているからこそジョブローテーションにより、経験職種が広く浅くなってしまうという転職の落とし穴ができてしまうことがあります。

また、中小企業や社内で人事制度が総合職と一般職としてコース分けされている場合、営業支店などのサポート・アシスタント職は人数が限られて、なんでも屋さん=ゼネラリストになっている場合もあります。
目の前の仕事を懸命にやってきた30代、40代以上のミドル層のゼネラリストが転職したいと思った場合、スペシャリストとして転職の道はあるのでしょうか。

無題ドキュメント

幅広い経験から専門性を高めるために転職

Spring転職エージェントに相談に来られたときにさまざまな職種を経験されてた30代の女性がいました。
新卒で銀行に入行した後、マンションの企画管理会社に転職。
現在は、さながら旅館の女将さんのように支店のバックヤード系業務を切り盛りしています。
一般的な職種へ分類すると営業事務、秘書、総務、人事、経理といったご経験になります。

幅広い分野で経験をされている一方で、ご自身のキャリアの軸となる部分を掘り下げられていない点に悩みを抱えていました。
今後も専門性が身についていないことを実感されており、最も興味のある経理の部分でキャリアアップを図りたいと希望されていたのです。
現職のマンションの企画管理会社での年収は600万円ほどあり、転職後も年収を現状維持されています。
この職種の一般的な水準と比較するとかなりの高額年収です。

書類推薦時にお人柄をプッシュ

Spring転職エージェントへご相談いただいたときは、すでに何社かの転職エージェントを利用している状態でした。
しかし、条件に合う会社をなかなか紹介されず、お困りの様子だったといえます。
転職活動に苦戦された原因は、年齢的に専門性の高さを問われる傾向があった点にあるでしょう。

経理としてスキルアップをしたいという明確な思いがある一方で、広いものの浅くなっているご経験が足かせになっていたようです。
そもそも経理は専門職でありミドル層の求人となると相応の経験を求められ、他の応募者も経験値の高い方は少なくないでしょう。
比較したときに、どうしても書類選考の段階では思うようにアピールでないといった悩みを抱えておられました。

印象的だったのが、初めてお会いしたときから大変感じがよく、とても明るく誠実な対応をされ、お人柄の良さを感じました。
レジュメからは見えませんが、これは仕事をする上での大きな強みです。
企業側も採用判断に重視される項目であるものの、書類選考の段階では判断がつかない部分で、転職エージェントの介在価値を発揮できる部分です。
そこで弊社から求人へ応募される際、どうにか企業側にお会いする機会が作れないかサポートさせていただきました。電話で猛プッシュです。これは転職エージェントとして自信がないとできませんが、この時は迷うことなくプッシュできる程のお客様の強みでした。

粘り強く希望を叶える姿勢が大切

この方が最終的に内定をいただくまでには、最初にご相談をいただいてから8カ月ほど経過していました。
経理職としては専門性に欠けるという課題は、やはり重いのです。
ただ、「経理でキャリアを積んでいきたい」というご本人の希望が大変明確であったため、わたしも時間がかかったとしてもブレずにご紹介をし続けていこう決意。
しかし実際は求人を探すのは簡単ではありませんでした。
継続して求人を探しご紹介を継続し、やっと巡り合ったのが転職先となる企業です。
上場企業で経験と人柄の双方で評価をしていただけそうな環境です。
経理をする上で、上場か非上場かでは経験できる範囲が大きく変わるため、上場企業であることは経理職の方にとって大きな魅力に映ります。

事前の面接対策では、これまでのご経験よりも、今後どのようにキャリアを積んでいきたいかを中心にアピールすることをご提案しました。
ご本人も将来に対するキャリアパスが転職理由であり真剣に考えられていたため、面接ではきちんと理解していただくことが大切だと考えていました。
実際の面接では、企業側に経験面に懸念を持たれたものの、それ以上にご本人の熱意が通じました。
これからのキャリアプランや成長に対する意欲を評価されたことで、無事に内定を得ることに成功。希望の経理職かつ上場企業、しかも年収も維持できました。

転職での選考はキャリアを判断される場です。
ただ、キャリアとは職歴や経験してきた仕事の中味だけを指すのではなく、仕事に対する姿勢、どのように人と対応するかといった過去と今、そして将来のキャリアパス、熱意といった未来、そして人柄という基盤も大きな判断材料になります。
「アピールポイントがわからない」「これまでのキャリアに自信が持てない」と感じる方でも、道があるのだと改めて感じさせていただいた事例でした。

Spring転職エージェントの強み

今回ご紹介した事例以外にも、たくさんの職種で実績事例があります。管理部門系での転職をお考えの方はぜひSpring転職エージェントまでお気軽にご相談ください。

Springに登録

コンサルタント

吉上 耕平
専門・担当領域:管理部門系(経理・人事)

大学卒業後、小売流通業界入社し店舗運営業務に就く。
その後、より深く人と関われる人材サービス業に興味を持ち、Spring転職エージェント(アデコ株式会社)へ転職。
経理・人事とった管理部門系の職種の方々の転職支援を行う。

関連記事

転職ノウハウ に戻る

各領域に精通したコンサルタントが、あなたと企業のベストマッチを創ります

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります