未経験から成長業界への入社のチャンス! 人材サービス業界のいま

転職するときは、業界全体が伸びているかどうかはもちろん、どんな人物が求められるのか、必要なスキルは何かを事前に調べると思います。労働市場全体が売り手市場になっている状況のなか、人材サービス会社へのニーズは高まっています。中小規模の人材会社だけではなく、大手企業にも入社するチャンスが広がっている状況です。そこで、募集の多い職種や求められるスキルなどについて解説します。

人材サービス業界、募集が活発な理由は

人材サービス会社というと、どのような仕事を思い浮かべますか? 細かく分類するとビジネスモデルとよって多岐に渡るのが特徴です。なかでも人材派遣や人材紹介(転職エージェント)といった企業へ「ヒト」を供給する事業、募集の告知を行う求人サイトは、とくに事業として大きな分野になり採用人数も多いです。
これらの事業は、担当者がお客様につくモデルのため、顧客数が多いほど従業員も多い傾向にあります。現在のような景況感がよい場合、顧客からの受注が多く、その対応のために積極的に募集をしている企業は増すばかりです。

募集を増やしているのには理由があります。採用市場は、新卒採用だけでなく転職市場においても「人手不足」傾向は変わりません。企業の採用熱の高さが求職者や転職者に有利な売り手市場を作り出している状況です。世界最高レベルで失業率が低水準で推移していることもあり、多くの業界が人材を求めているにもかかわらず人材確保に苦労しています。少子高齢化、労働人口の減少などは長期的な課題で、すぐに改善される見通しはついていない状況が続いています。

人材募集をしている会社は、優秀な人材確保のために人材業界の会社を利用することになります。深刻化する人手不足や採用難を乗り切るために、人材会社への需要は高まっています。例えば昨年10名の募集だった会社が、今年は100名募集するといったありさまです。
そのため、人材業界の会社の求人も急拡大しているのです。人手不足の企業が多いと、人材サービス会社の従業員募集数も比例して伸びます。

募集の多い職種は?

募集が多い職種は、採用募集をしている企業の法人営業、求職者対応をするキャリアアドバイザー、企業と求職者の両方を担当する転職コンサルタント、派遣スタッフのフォローをする派遣コーディネーターなど全般です。また、求人系サイトを運営している会社では、法人営業や記事の編集ライターの募集があります。これらは未経験でも積極的に受け入れていることが多い職種です。

未経験者を採用している理由は、事業が就職・転職の支援のため、過去のなんらからの仕事の経験は役に立つためです。例えばIT系の人材サービス会社は、元SEが多いというのは珍しくありません。業界の知識や企業や求職者の気持ちが分かり、顧客からも信頼を置いていただきやすいです。
さらに未経験者を積極的に採用してきた歴史が長い業界のため、未経験者を受け入れる環境や風土が整っており、既存の社員のバックグランドには多様性があります。

求人サイト会社では、営業職を積極的に採用している傾向があります。中小規模の人材会社では、未経験でも編集や求人原稿を担うライターを募集している状況です。未経験でも編集担当として採用されるチャンスがあることを認識しておきましょう。
経験者として転職する場合は、売上・顧客満足度の高いともちろん評価されます。それ以外に、商材や分野への親和性、仕事に対する志向性のマッチ度も重視されます。経験者ゆえに転職先の事業理解や、転職理由・志望理由は深く確認されるでしょう。

職種の特徴やスキルを活かして効果的なアピールを

人材サービス業界の会社の仕事は、人材を確保したい会社と求職者をつなぐことが仕事です。人は会社にとって最も重要な経営資源だといわれています。
人材サービスの仕事は、顧客の話を聞き、考え動き提案を繰り返し、顧客の課題解決、目標達成をサポートします。そしてそれが結果として自身の成長と自社の利益に通じます。そのため顧客と利益は一致しやすくWin-winの関係を築け、とてもやりがいを感じやすい仕事です。企業にとっては経営資源である「人」、個人にとっては人生の大きな影響のある「仕事」。これに関わっていくのです。

社内外の多数の方々との折衝が必要なため、人が好きということは大事な素養のひとつになるでしょう。自分自身が事業サービスそのものとなりうるため、自ら考えて実行していきたいタイプ、世の中の動きや経済、消費者動向に興味があるタイプ、好きな商品や業界に違う形で関わっていきたいタイプ、複数の会社の人事採用にかかわりたいタイプ、人のお世話が好きなタイプ、事業発展を支援したいなど、マッチする志向は多数のパターンがあります。
ぜひ多様な仲間に働ける人材サービス業界、転職の選択肢の一つにしてはいかがでしょうか。

Spring転職エージェントの強み

今回ご紹介した事例以外にも、たくさんの職種で実績事例があります。営業・マーケティング系での転職をお考えの方はぜひSpring転職エージェントまでお気軽にご相談ください。

Springに登録

コンサルタント

加藤 諒一
専門・担当領域:営業・マーケティング

人材派遣業の営業職を経て、Spring転職エージェント(アデコ株式会社)に入社。前職のキャリアを生かせる人材サービス業界をメインに担当し、営業やキャリアアドバイザーへの転職を支援している。自身の経験から業務内容や企業情報に精通し、求職者の気持ちを理解したサポートを心がける。ほかの業界以上に人物面が採用の重要なファクターとなり企業側も人材採用におけるプロフェッショナルであるため、各企業特性に応じた細やかな面接対策やアドバイスに力を入れている。

関連記事

転職ノウハウ に戻る

各領域に精通したコンサルタントが、あなたと企業のベストマッチを創ります

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります