【23年卒】新卒採用×SDGs ~SDGs時代をリードする企業像を実現する人材を獲得するために~

今、注目を浴びている「SDGs」。
新卒採用の説明会でも、17のターゲットの中で自社が注力する項目を説明する企業が増えてきています。 しかし、その中には「SDGsウォッシュ」や「後付けSDGs」と呼ばれるような、本来のSDGsの在り方とはかけ離れたメッセージを発信している企業も少なくありません。
SDGsネイティブ世代の学生の皆さんの中には、SDGsに対して真剣に向き合い、将来のビジョン・ありたい姿を明確に持った上でファーストキャリアを選択している方も多く、形骸化されたSDGsはすぐに見破られてしまいます。
せっかく内定を出してもご縁がないケースが22卒では見受けられ、生産性の観点からもよい採用とは言えません。

本セミナーでは、多くの企業がCSRの観点から謳っているSDGsを、新卒採用の観点からその重要性をお伝えします。
「新卒採用×SDGs」に着目したセミナーは大変貴重ですので、是非この機会にご参加ください。

定員に達したため、お申込みを締め切りました。

プログラム

1企業における本質的なSDGsの実践とは
  • CSRともSDGsウォッシュとも異なる、ビジネスを通じて利益と社会貢献を両立させる「SDGsの本質」とは
2「SDGsネイティブ世代」の採用におけるSDGsの重要性
  • 自分自身のビジョンと、日々の業務を通じての社会貢献性を重視する世代へ
  • 優秀な「SDGsネイティブ世代」の獲得のために、採用現場で伝えるべきこととは
3入社後の活躍につなげるために
  • 採用時のSDGs関連メッセージと、入社後の日常業務とのギャップ
  • 入社後もSDGsを「自分ごと」として日々の業務の中で感じ、主体的に行動する社員を育成するには
  • 本プログラムでは、有料版の一部をご体験できます。

登壇者プロフィール

小杉山 浩太朗

小杉山 浩太朗
アデコグループ Head of SDGs, Japan
ニューヨーク大学(NYU)在学中に、「ダイバーシティ&インクルージョン」が持つ国際問題解決への可能性に着目。大学機関のダイバーシティボードのメンバーや委員長として活動。
学外でも国連本部での様々な取り組みに参画。グローバル化の中における新しい生き方(IKIGAI/SDGs)や教育、ユースのあり方などに関して、日本、アメリカ、カナダにおいてのべ2000人以上の学生やビジネスリーダーなどに対して講演。
2019年には、世界のユースリーダーの代表として国連総会議長より国連本部における各国大使とのパネルに招待されている。
2020年2月にNYUの全学生2万6000人超から初代キング牧師記念チェンジメーカーアワードの受賞。同年5月の卒業後、7月にアデコグループジャパンCEOよりDiversity&SDGs Leadに任命され、半年間でSDGsを根幹に反映した5カ年中期経営戦略の策定。2021年からは社会 変革企業としてVUCA時代、そしてその先の未来にあるべき企業の姿を社内外に示すためにHead of SDGs, Japanとして日本およびスイスの国際本部及びアデコ他国拠点を対象に活動している。

  • プログラム内容は予告なく変更となる場合がありますのでご容赦ください。

セミナー概要

タイトル 【23年卒】新卒採用×SDGs ~SDGs時代をリードする企業像を実現する人材を獲得するために~
開催日時 2021年7月20日(火)17:30~19:00
場所 Webセミナー 参加方法はこちら
対象者 代表取締役、経営企画・人事・採用・広報・CSR・SDGsのご担当者
参加費 無料
定員 50名予定
その他
  • お申し込みは先着順です
  • 定員に達成したら締切ます
お申し込み締切 2021年7月19 日(月)まで
  • 同業者の方の参加はご遠慮いただいております。あらかじめご了承ください。
セミナー・イベント に戻る

欲しいのは「求職者」より「究職者」。専門性を追究したコンサルティングで企業の成長に貢献します

欲しいのは「求職者」より「究職者」。専門性を追究したコンサルティングで企業の成長に貢献します