経営層・経理・財務・法務職

ファイナンス&リーガルの転職なら、Spring転職エージェント。各職種に精通したコンサルタントがあなたの転職を徹底サポートします。

経営層・経理・財務・法務職専任の転職コンサルタントが、あなたの価値を“直接”企業にアプローチします。ご紹介企業の価値を“より深く”あなたにお伝えします。

経営層・経理・財務・法務の特徴

求人数は多いが、年齢を重ねるごとに求められるスキルレベルが高まる

スキルレベルが高まる

経理・財務関連職の求人は、他の職種と比較すると景気の影響を受けづらい特徴があり、前述したように求人倍率も目を見張るものがあります。ただし、「採用基準のスキル」という観点から見ると、その基準はスタッフレベルとマネージャーレベルでは大きく異なってきます。両者に共通して求められるスキルは、簿記資格か実務経験。スタッフレベルであれば、そのスキルだけで十分基準に達すると言えますが、マネージャー候補以上では、マネジメント能力や経験が求められることも少なくありません。 近年は40代を迎えてから転職する方も増えてきていますが、45歳以上になると「部長職程度の経験値やマネジメント能力」が求められると考えておくとよいでしょう。

マネージャークラスが、「ポジション問題」で転職を考える傾向が強まっている

30~40代に多いマネージャーおよびその候補のクラスでは、企業内で上のポジションが空いていないことや、より経営層に近いポジションで働きたい理由から、転職を志望する方が増えています。このようなマネジメント経験を持つ転職希望者は、軒並み優秀な方が多く、転職市場において引く手あまたという状況です。

就業先への関心は「仕事内容」よりも「会社そのもの」へ向けられている

経理・財務関連職は、営業職などとは異なり、その仕事内容に企業による違いがあまり生じない特徴があります。そのため、転職希望者が、就業先を選定する際には、仕事内容よりも会社の経営状況や職場環境などの「会社の内容」に向かう傾向が見られます。

経営層・経理・財務・法務職の転職ケース

Case1上場企業で開示業務に携わりたい。実務に自信はあるけど、背伸びしすぎ?

以前、中堅の流通系企業の子会社で経理に携わっていた30代の男性が、東証一部上場企業に転職を決められた事例があります。年収は450万円から540万へ。この時コンサルタントが心がけたのは、税理士試験3科目合格に裏付けされた税務の知識と、業務フローの改善構築に携わってきた経験を、ご紹介先企業の募集背景にある本質的なニーズに照らし合わせ積極的にアピールすることでした。経理・財務職の業務に精通した専任のコンサルタントが、面談を通じて求職者のキャリア価値を見極め、直接企業へ丁寧なプレゼンを行うSpring転職エージェントでは、業務や企業規模のレベルアップを伴う難易度の高い転職でも、比較的多くの成功実績を有しています。

Case2年収UPのために転職したいのに、エージェントが自分を高く売り込んでくれない。

Spring転職エージェントは、企業側との強い信頼関係を構築する一方で、何よりもまず求職者のメリットを最優先すべきと考えています。Spring転職エージェントの最大の強みは、経理・財務職に精通したコンサルタントが責任を持ち、求職者の経験・ノウハウを今一番欲しい企業・ポジションにご紹介できること。マッチングの確度に自信があるからこそSpring転職エージェントでは、強気の給与交渉による年収アップの実現が可能なのです。

Case3ウチの会社、先行きに不安が...。転職先は業績重視で見極めたい。

日々、企業の数字と向き合う経理や財務職は、自社の業績悪化をいち早く察知できるポジション。転職へと動き始めた際は、求人企業の業績についてもう一歩踏み込んだ情報が欲しい、と感じる方が多いようです。Spring転職エージェントでは、一人のコンサルタントが求職者と企業を担当。企業の人事担当者と培った信頼関係の中できめ細やかな情報収集を行っていますので、情報の質・深さが違います。例えば新規事業による業績アップの見通しなどを、求職者にいち早くお伝えすることが可能です。また人材紹介専業の会社には、出てこない優良経営企業の求人を多数保有しているのも、総合人財サービス企業として様々な形で企業と取引があるSpring転職エージェントの強みです。

Case4決算業務に携われる会社へ転職したい。でも大手のブランドも捨てたくない。

組織が大きく縦割であることの多い大手企業では、売掛・買掛管理といったジュニアクラスの業務からなかなか次へ進めない、という声がよく聞かれます。解決策としては、ジョブローテーションの機会が多い大手企業への転職が考えられますが、より総合的な業務に携わり経理・財務のプロとしてのキャリア価値を高めたいのなら“脱・大手”もひとつの戦略です。まだ20代の方であれば、2段階でキャリアアップを実現させることも可能です。一社目は独自サービス・製品で知られざる業界のリーディングカンパニーなどで、より幅広い経験(決算業務など)を積み、その実務経験をもとに今度は大手企業へ即戦力として打って出るのです。コンサルタントが直接企業からの情報収集を行うSpring転職エージェントでは、転職で実現したいテーマにベストマッチする企業やソリューションを共に考え提案いたします。

成功事例

29歳男性(国立大経営学部卒)
監査法人
年収600
大手メディア事業会社経理
年収650
年収
50
Up
39歳男性(私立大学部卒)
国内大手金融機関財務課長
年収900
大手精密機器メーカー海外財務
年収1000
年収
100
UP
32歳女性(私立大商学部卒)
システムインテグレータ経理
年収460
外資系証券会社経理
年収500
年収
40
Up
33歳男性(私立大経営学部卒)
小売りメーカー経理
年収440
HRサービス会社経理
年収530
年収
90
UP

給与調査(平均年収)

経営・経営/事業企画系 846万円
金融系 819万円
経理・財務系 640万円
内部統制・監査系 782万円
法務・知財 760万円

※掲載しているデータは当社データベース(2018年1月~12月)をもとに調査したものです。

コンサルタントブログ

職種・サービス別特集 に戻る

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります