SE(システムエンジニア)の職務経歴書の書き方

採用担当者はどこを見ているのか?
⇒『スキルや業務知識が応募条件にマッチしているか』

まずシステムエンジニアですが、一般的な職種なので、5つのポイント(ITスキル、マネジメント、業務知識、開発規模、顧客)を意識して職務経歴書を作成しましょう。一般的にシステムエンジニアは20代から30代半ばの方が中心なため、マネジメント経験の記述に苦心されるケースを多く見ます。マネジメント経験のアピールは必ずしも職位とは限りません。リーダーやサブリーダー経験がなくとも、仕事の中でリーダーシップを発揮された事例があれば、リーダー職に準ずる経験としてアピールになります。外注管理、後輩の指導、新入社員研修の講師などのご経験がある場合は、ぜひ記載してください。
システムエンジニアと一言でいっても多種多様なキャリアがあるもの。業務に強いエンジニアやデータベースやJavaに強いエンジニアなど得意分野があれば積極的にアピールしましょう!! 

 

書き方のポイント

職務経歴書のサンプルをダウンロード

下記より「職務経歴書」のサンプル(Word)をダウンロードいただけます。

Check Points!

  • 応募企業の募集条件にマッチした表記ができているか
  • 得意とする専門分野と技術領域がしっかりアピールできているか
  • 応募する企業の業務内容を意識した志望動機が書けているか

関連コンテンツ


職務経歴書の書き方 に戻る

各領域に精通したコンサルタントが、あなたと企業のベストマッチを創ります

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります