ITエンジニア・クリエイティブ

Consultant Profile MASATO MORISHITA 転職活動を一人でする時代は、もう終わっている。

Profile

盛下 雅人
専門・担当領域:東海エリアの自動車関連、工作機械、電機・電子メーカー/R&D、開発、製造・生産技術、QA、工場管理職

大学卒業後、財閥系金融機関へ入社し、1年半法人営業を担当。その後、金融専門職を経て、30歳で大手人材紹介会社へ転職。金融機関出身者や、MRをはじめとする医療系専門職の転職支援を担当。その後、数社を経て、アデコへ。転職相談者は3500人を超え、現在は名古屋支社の立ち上げに携わり、東海エリアのエンジニアを専門に担当している。

コンサルタントの視点 Consultant Viewpoint

自動車関連企業が活況!
熟練の技術者が良い条件で採用に。

有効求人倍率の全国平均が1.09%であるのに対し、1.57%をという高倍率をマークする愛知県。自動車関連企業の活況がこの数字に大きく影響しています。また、これまで転職で通説となってきた35歳限界説も、愛知県は例外。即戦力となる経験者を採用したいという企業が多く、むしろ年齢の高いエンジニアが良い条件で採用されています。ただ愛知県のような超売り手市場は、それ自体が求職者にとって悩みの種。求人が多すぎてかえって絞り込みが難しい状況だからこそ、私たちコンサルタントをうまく活用してほしいと思います。

自分を差別化できるスキルを丁寧に磨いてほしい。

私自身もこれまでのキャリア形成から学んだのは、自分が他者と差別化できる専門性を持つことの重要性。例えば私が新卒で入社した金融業界の専門知識は、後に人材紹介会社に転職した際、金融機関出身者へのきめ細やかなサポートに繋がりました。これから転職をめざす求職者の皆さんに対しては、ヒアリングの中で他者にはないご本人様だけの専門性を見いだし、未来を切り開くサポートをしていきたいと思います。

求職者へのメッセージ Message to Job Seeker

転職は、まずはプロに相談を

家を買う時、多くの人はまず不動産会社に相談します。また、退職金のような大きなお金が入った時には、資産活用法等を金融の専門家に相談します。それではなぜ、転職はプロに相談しないのでしょうか? 転職は今後の人生を大きく左右する一大イベント。日本では転職支援会社の利用率はわずか数%とまだまだ低水準。転職を失敗をしないために私たちコンサルタントを利用することは、本来非常に理にかなっています。「転職活動は自分ひとりでするもの」という考え方は、既に過去のものです。ぜひお気軽にSpring転職エージェントにご相談にいらしてください。ご自身だけでは気が付かない気づきが見つかるはずです。

コンサルタントブログ

コンサルタント紹介 に戻る

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります