内定辞退の仕方

転職活動の結果、悩んだ末に内定を獲得後に内定辞退を検討することがあります。検討をする時のポイントや、内定辞退をする際の回答期限や連絡方法などの対処法についてご紹介します。

中途採用の内定辞退する場合のマナー

やむを得ず内定辞退する場合、守りたいマナーをご紹介します。

回答期限はいつまでか

回答期限は、内定通知書や採用通知書で回答期限について触れていない場合、できれば2~3日以内、遅くても1週間以内に返答をしましょう。書面での条件提示後に面談があった場合も同じく返答は面談後2~3日以内にしましょう。
あなたの返答次第で企業の採用計画や他の候補者への影響がおよびます。採用企業は目標時期までに採用を確定し、入社してもらうことを希望しています。あなたにも事情があるでしょうが、早めに明確に辞退を伝えるようにしましょう。
転職エージェントを通して応募している場合は、いつまでに最終回答をしなければならないか確認ができます。回答が決まったら転職エージェント経由で企業へ伝えます。

辞退理由は簡潔に伝えましょう

「辞退連絡だけでなく理由まで言わないといけないのか」と思うかもしれませんが、聞かれた場合は理由をできるだけ伝えましょう。理由を聞くのは今後の採用活動に生かすためです。辞退する企業に失礼な言い回しにならないよう気を配りながら伝えましょう。

伝え方はどうするか(電話、メール)

できれば電話で伝えましょう。これまでの選考実施と内定へのお礼と辞退することへのお詫びを自分の言葉で伝えることが重要である、と考えます。そのうえで「辞退させていただく」という旨を、あいまいにせずにはっきりと伝えましょう。

電話で連絡する場合

始業直後・昼食時間・終業間際の忙しい時間帯は控えましょう。電話は、企業側の方からの質問もその場で受けられるため、より納得してもらいやすくなり、誠意も伝わりやすいでしょう。

メールで連絡する場合

メールの件名を「内定辞退のお詫び」など、見てすぐに内容がわかる内容にしておきましょう。
意図していることとは違うように捉えられてしまうことがないよう、電話以上に言葉の選び方には細かく配慮をするとよいでしょう。
また先にメールを送り、その後に電話をするという方法もあります。

転職エージェントを利用している場合は、これらのプロセスはすべて代行してくれるので、率直な内定辞退の理由を転職エージェントに伝えましょう。

内定先から提示された条件が満足できない~提示条件に不満があるケース~

内定を得ても、提示された条件が自分の希望よりも低いことがあります。とくに年収アップを期待して転職活動をしたにもかかわらず実現できないとなれば、内定辞退をしたくなるのも無理はありません。ただ、金額だけで判断するのは少しもったいない可能性があるので、確認をしたいポイントをご紹介します。

給与金額以外を確認する

給与金額条件だけでなく、それ以外の条件がよい場合もあります。各種手当の有無、就業時間(一日7時間と8時間では月間で20時間程度差があります)など、他の条件にも目を向けてみましょう。手取り額、時給換算するという考え方もあります。

等級を確認する

多くの会社は人事上の等級を設けています。等級が高いということは責任や役割が大きいということになります。すでに生え抜きで、提示されたものと同じ等級の社員もいることでしょう。異業種からの転職の場合、最初から生え抜き社員と同程度の責任を果たすのは困難であろうと、入社時に身の丈にあった等級を用意されることもあります。後悔しないよう等級制度全体や、現時点での等級、今後の等級昇格のための条件など聞いておくとよいでしょう。

相場を確認する

内定を受けた企業から提示された条件が希望と異なる場合、まずは冷静に相場と比較しましょう。転職サイトの検索や、エージェントに相談すれば適性相場を知ることができます。
Spring転職エージェントでは、各職種の給与相場を調査したサラリーガイドを公開していますので、ぜひご参考ください。

転職理由を考える

転職活動中に迷った時は、「なぜ転職か」という原点回帰をおすすめします。転職活動をしているとだんだんと当初の目的を見失い「せっかくだから」と理想が上ってしまうことがあります。
ここに立ち返ることで思考を整理できるでしょう。

ここまで確認をしたうえで、現職と比較して内定企業の提示した条件が見劣りしている場合は、内定辞退という選択もありうるでしょう。

また入社はしたいが条件を変更したい場合は、条件交渉をするという方法もあります。
その場合、リクエストした条件をクリアしたら入社する方向である、ということが前提になるでしょう。入社前から印象が悪くならないように、謙虚な姿勢で相談したいものです。転職エージェントを利用している場合は相談にのってくれます。

転職先を決めたので、他の内定を辞退します~複数内定を得たケース~

1社だけでなく複数の企業に応募するケースがほとんどです。複数内定を得た場合は、給与や勤務地、待遇などの待遇はもちろんのこと、転職理由に立ち返って決めましょう。

内定を受諾する企業を複数の内定企業から1社に絞る際は、以下の3点に注意しましょう。

  1. 1.応募中の企業の選考スケジュールを確認し、すべて回答期限内に返答する。
  2. 2.提示された条件、給与や勤務時間など待遇を確認する。
  3. 3.条件だけではなく、あなたが転職で実現したいものに沿っているか、改めて考える。
関連コンテンツ
円満退職のコツ に戻る

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります