法務の職務経歴書の書き方

採用担当者はどこを見ているのか?
⇒『知的財産および海外との契約関連業務の経験』

職務経歴書は自分という商品のパンフレットです。書き方一つで相手に魅力的に見せることができます。そしてアピール方法は職種によって様々です。記述する順番、内容、表示の仕方により、それぞれ自身の経験やスキルをアピールするポイントは変わり、自身の職務経歴が効果的に表現されない事が多々あります。法務の求人は、経験重視の少数採用ですので、他の応募者との書類上の差別化が重要になります。以上を踏まえました「職務経歴書の基本的な書き方」を記載しますので、ご参照の上、職務経歴書作成にご利用ください。

 

目次

書き方のポイント

職務経歴書のサンプルをダウンロード

下記より「職務経歴書」のサンプル(Word)をダウンロードいただけます。

Check Points!

  • 職務概要および職務内容の中で自分の役割を書けているか
  • 今、企業での重要度が増している業務経験をアピールできているか
  • 志望企業に合わせて自己PRと志望動機が書けているか
職務経歴書の書き方 に戻る

各領域に精通したコンサルタントが、あなたと企業のベストマッチを創ります

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります