金融系専門職の英文履歴書(レジュメ)の書き方

金融業界は多くの場合、金融の知識に長けた採用スタッフが選考しますので、英文履歴書(レジュメ)を作成する際、金融業界の専門用語を使用しても問題はありません。専門職としてプロ意識をアピールすることがポイントです。
ただし、信頼の度合いを判断する材料ともなる、企業やプロジェクトの実名公開については、十分留意して作成しましょう。

Spring転職エージェント コンサルタント 八巻 登

Spring転職エージェント
コンサルタント 八巻 登

金融系専門職の英文履歴書(レジュメ)の書き方のポイント

※「見本(サンプル)」はタブを切り替えてご覧ください。

【Personal Data】

英文履歴書(レジュメ)のトップには、個人情報(主に名前、住所、電話番号、メールアドレス)を記載します。

【Objective】

応募するポジション・職種について記載します。

【Summary of Qualification】

下記を記載します。
・応募したい職種に関連した職歴年数
・応募したい職種に関する教育やトレーニング経験
・あなたが応募したい会社で生かせる能力
・応募したい職種に関連したあなたの強みや性格
・他に知ってほしいスキルや受けたトレーニングなど

【Work Experience】

会社名、勤務年月日、役職名、基本的な実務及び、どのような商品(サービス)を取り扱っているのかを2行程度にまとめ、下記を記載します。

・その仕事でどんなスキルを身に付けたのか(応募している職種で必要と思われるスキルを記載)
・その仕事で身に付けた能力、またその仕事で行ったこと(成績など)

【Education】

学歴(大学名、専攻、卒業年月)、受講した講座やトレーニング、インターンシップなどを記載します。

語学が生かせる金融系求人情報を探す

Spring転職エージェントの強み

職務経歴書の書き方が分からない、書類がなかなか通過しない、そんな方はぜひSpring転職エージェントまでお気軽にご相談ください。各業界・職種に精通したコンサルタントが、ご登録者のキャリアやご推薦する企業に応じて、適切な書類作成のアドバイスをさせていただいております。転職をお考えの際はぜひ、Spring転職エージェントの転職支援サービスをご活用ください。

Spring転職エージェントの特長

Springに登録

英文履歴書(レジュメ)の書き方 に戻る

各領域に精通したコンサルタントが、あなたと企業のベストマッチを創ります

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります