機構・筐体設計の職務経歴書の書き方【サンプルフォーマットあり】

目次

採用担当者は、機構・筐体設計の職務経歴書のどこを見ているのか

採用担当者は、『スペックとどれだけ一致するか、プロジェクト内での本人の役割』を見ています。

設計技術者の場合、プロジェクトにどういう立場で参画していたのか、実際に携わった仕事内容はどういう内容だったのか、どのくらいの規模のプロジェクトであったのかによって、レベル感が変わる職種です。ポイントを押さえて書かないと、結局何が得意なのか、技術スキル、業務知識、実績などが伝わりにくい表現になってしまうことがあります。

また、会社のレベルによって、判断されてしまうことも多いのが、この職種の特徴でもありますので、特にアピールの表現方法には細心の注意を払ってください。募集職種に対して、ご自身の何を強調すれば、採用担当者が興味をしめすのかを意識して、メリハリのある内容で作成しましょう。

Spring転職エージェント コンサルタント 宮下 義隆

Spring転職エージェント
コンサルタント 宮下 義隆

機構・筐体の職務経歴書の書き方のポイント

【日付・氏名】

記入日の日付と氏名を明記してください。

【職務略歴】

入社後の経歴を年表形式で簡単にまとめています。この様式で書く場合、ここの記述ではあまり詳しく書かず、概要を理解させるイメージでよいと思います。
ただし、昇格やプロジェクトマネジメント経験のある方は、その実績表記が目立つ場所ですので、積極的にアピールしてください。大手企業でしっかりと研修で受けている人を好む会社もありますので、そういった会社を受ける場合は、研修などの経歴も忘れずに記述してください。

【職務概要】

明確に記入しましょう。
・担当業務(要素技術等)プロジェクト全体の内容と、自分自身の担当していた内容を区別して記述すること。
・担当役割(マネジメン経験等)
・工程(研究開発~仕様書作成~基本設計~工程管理~検証、テストなど)
・最終製品の内容とその機能、市場規模
・環境(ツール類、等)
・その他
内容に関しては、なるべく長文にならないように、箇条書きでまとめるようにしてください。

【習得技術及び専門分野】

専門性の高い職種であり、即戦力として働くことが出来るか否かが最大の選考ポイントですので、貴殿の持つ要素技術が、いかに企業の募集要件とマッチしているかが重要です。
つなり書類選考者が、貴殿の職務経歴書の中に、見慣れたキーワードをどれだけ発見できるかということが重要となります。
書類選考者が、必ずしも技術に詳しい人間である保証はありません。
ですので、ここでは箇条書きや表にしたり、行間を空けたりするなど、目に留まりやすいレイアウトにします。
企業は人物の全体像より、ます仕事を任せることが出来る経験をしているか否かを知りたいのです。
要素技術や工程、役割、開発環境などが一目瞭然で理解できるように心がけてください。
その時は、必ず応募する企業を想定し、その企業が必要とするであろうスキルを意識して表記し、是非会ってみたいと思わせるような内容にする必要があります。

【特許/論文】

守秘義務などには注意しなければいけませんが、公開されている内容であれば問題ありません。客観的な評価基準ですので、実績のある人は記述してください。修士課程や博士課程などを出られて、社会人歴が浅い場合は、在学時の実績を記述してもよいと思います。

【表彰他】

社内での自身の実績をより効果的にアピールします。
販売台数や市場シェアなど数字的に実績が表せる場合も利用してください。

【志望動機】

特別に記述する必要はありませんが、職務内容で表現できない経験/実績をアピールする場として活用でき、且つ業務に対する貢献度を効果的にアピールすることに有用的であるといえます。応募する企業を想定して作成すると、書類選考の合格率も上がると思います。 ひとりよがりの内容にならないように注意してください。

機構・筐体設計の求人情報はこちら

機構・筐体の職務経歴書のサンプルをダウンロード

下記より「職務経歴書」のサンプルフォーマット(Word)をダウンロードいただけます。

職務経歴書の書き方・職種別サンプルダウンロード に戻る

各領域に精通したコンサルタントが、あなたと企業のベストマッチを創ります

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります