IT(ソリューション)営業の職務経歴書の書き方

採用担当者はどこを見ているのか?
⇒『売上、利益+α顧客の立場に立って創意工夫した実績』

IT業界の営業職の場合は職務経歴書を作成する際に以下の項目に注意しましょう。

  1. (1)プロダクト営業か否か
  2. (2)直接営業(ダイレクトセールス)なのか間接営業(チャネルセールス)なのか
  3. (3)顧客は新規開拓か既存顧客か
  4. (4)関わった製品及びソリューションメニュー
  5. (5)どんな業界を顧客としていたか
  6. (6)販売実績(予算対比)
  7. (7)リーダーシップ(管理職の経験、部下・後輩の育成など)

上記について記載されてあれば良い職務経歴書ができるかと思います。どういった顧客にどういった価値を提供できていたのか、それによって顧客はどういった利益を享受できたのか、そんな事を意識して書いてみましょう。また営業実績が上がるために、創意工夫した点も書くと良いアピールになりますね。

Spring転職エージェント
コンサルタント  石山 元善

書き方のポイント

職務経歴書のサンプルをダウンロード

下記より「職務経歴書」のサンプル(Word)をダウンロードいただけます。

Check Points!

  • プロダクト営業か否か
  • 直接営業(ダイレクトセールス)なのか間接営業(チャネルセールス)なのか
  • 顧客は新規開拓か既存顧客か
  • 関わった製品及びソリューションメニュー
  • どんな業界を顧客としていたか
  • 販売実績(予算対比)
  • リーダーシップ(管理職の経験、部下・後輩の育成など)
職務履歴書の書き方 に戻る

各領域に精通したコンサルタントが、あなたと企業のベストマッチを創ります

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります