第二新卒・20代の職務経歴書の書き方【サンプルフォーマットあり】

目次

採用担当者は、第二新卒の職務経歴書のどこを見ているのか?

結論から言うと『論理思考能力、プレゼン作成能力、創造性のポテンシャル』を見ています。

就業期間が短い第二新卒者・20代の方は、「何を書いていいのかわからない」、社会人経験の浅い第二新卒者・20代の方は「経験が短いので、大した実績や成果がなく、職務内容を書くことができない」と、職務経歴書の書き方で悩まれることが多いようです(特に自己PRや志望動機)。ただ、採用する側の企業の採用担当者が、社会人経験3年未満の第二新卒者に対して実績や成果を求めているか?というと、答えは否です。では職務経歴書の何を見ているのかというと“どのように自分なりに工夫して職務経歴書を書き上げてくるか”という点を見ているのです。

その内容に、創造性、論理的思考能力、プレゼンテーション能力、今後のキャリアの志向性などを感じ取っているのです。たとえ、主だった実績がなかったとしても、その意識を持って、自分なりに創意工夫して職務経歴書を作成できれば問題ありません。

日常の細かな努力や工夫こそが自己PRの材料となります。日々何を考え、どう行動したのか、具体的に書きましょう。もちろん、それによって何らかの成果やスキルを得たのであれば、それも忘れずに記述してください。

森綾乃

Spring転職エージェント
コンサルタント  森 彩乃

第二新卒の転職活動で、理想的なステップアップやキャリアチェンジを実現するために、最低限知っておきたい情報や、活動開始前から面接までの心得についてまとめたページです。

第二新卒の職務経歴書の書き方のポイント

※「見本(サンプル)」はタブを切り替えてご覧ください。

【日付・氏名】

職務経歴書と書いた右下に、記入日の日付と氏名を明記します。

【経歴】

<事業概要>
新卒で入社した会社がどういった事業内容、規模なのかということは選考ポイントとなります。面接で会社の概要を聞かれて、答えられないというのも言語道断です。必ずチェックしてください。

<職務経歴詳細>
企業が第二新卒の方を採用しようという理由の1つに、社会人として最低の教育を受けているということがあります。しっかりと研修を受けていることは、プラスに作用するケースは多いので、新入社員研修を受けた場合は、記載しましょう。

実際にどのような業務に従事したか記載します。就業期間が短かったり、社会人経験が浅かったりすると、実績を挙げることは難しいとは思いますが、なるべく記述するようにしてください。仕事の厳しさと言うのは、数字・実績(結果)に対する厳しさです。意識しているか、意識していないのかが問われます。

PCスキル、各種提出書類の作成、数字の分析、プレゼンテーション経験、顧客対応などは必ず書くようにしましょう。長文にならないように、箇条書きでまとめるようにしてください。作成資料など提出できるものは活用してみても良いでしょう。守秘義務などの問題でマイナスに作用することもありますから、ご注意下さい。

【取得資格】

学生時代に取得した資格でも構いません。
特に応募する職種に関係のある資格は必ず記述してください。

【志望動機】

<異業種にキャリアチェンジを希望する場合>

・なぜ前職を新卒時選んだのか
・前職で何を得たのか
・得たものをどう活かしたいのか
・どうして応募したのか
・入社したら何ができるのか

これらの内容を論理的且つ情熱的に記述してください。どちらに偏っても良くありません。

異業種の場合、厳密に言えば経験が合わないので新卒を採用するのと変わりありません。であれば、新卒採用との違いはどこにあるのかアピールすることが必要です。 些細なことでも構いません。Excelでの資料作成でもOKです。自己PRできることを何か見つけてください。

異業種にキャリアチェンジを希望する場合の書き方例

現在勤務しております株式会社ITブレインはベンチャー企業らしく多くの場面において「自己発信・自己責任・自己管理」ということが求められました。自らが問題意識を持ち、その中で自分のやりたいこと・やるべきことを発信し、それを責任持ってやり通すこと。そのためには自己を徹底的に管理することが求められました。新入社員として最大限の努力で成し遂げるべく、努力いたしましたが、同僚や先輩方に助けられた部分も大きく、チームワークの中で仕事を進めていくことの重要性を理解できたように思います。

人材紹介会社での業務は日々、企業・人材共に様々な方にお会いさせていただく業務であり社交性は勿論のこと、説得力など様々な能力を磨くことができました。また、関連部署との協業や目標達成に向けての動き、数字に対するこだわり、そしてお得意先への報告書作成等は、職種を問わず活かしていける経験であると思います。

御社での業務は、これまでの業務とは異なる部分も多いとは存じますが、問題意識や目標を持ち、それを達成するということに関しては同じであると考えます。またマーケティング職でありますので、数字の管理、報告書の作成、プレゼンテーションなどの経験は、生かしていけることと思います。今後はさらに多くの経験を積ませていただき、一日も速く御社に貢献できる人材となれるよう努める所存です。何卒ご選考、よろしくお願いいたします。

<近い業種に行く場合>

業界や仕事内容が変わらない場合、「なぜ転職をする必要があるのか」納得のいく形で説明するのが難しくなります。下手をすると、人間関係のトラブルや、嫌なことから逃げたいだけといったような、マイナスの理由ではないかと思われてしまいます。
微妙な仕事内容の違い、会社の方向性と希望とのギャップ、業績不振など、書類選考者や面接官が納得できる理由が必要です。
面接では、理由について細かく聞かれます。愚痴になってしまう恐れも非常に高いので気を付けてください。仕事に対する考え方が赤裸々に出てくるとことですので面接でも慌てず対応できるように準備してください。

近い業種に行く場合の書き方例

新卒での就職活動の際、人材紹介会社を志望させていただいた理由は、日々、企業・人材共に様々な方に直接お会いさせていただく業務であり、社交性は勿論のこと、説得力など様々な能力を磨くことができると思ったからです。また、そういった人材紹介会社の中でアシスタント業務に就くことを希望していたのは、自社のコンサルタントや企業の採用担当者、そして人材の方と協力し合って、成果を挙げていくという仕事のスタイルに自分のやりがいを見つけたいと思っていたからです。

現在の会社へは、当初アシスタント職として採用されると聞いていたのですが、実際はマーケティング職への配属となり、基本的には自己完結の仕事が殆どです。コンサルタントや企業の採用担当者との協業にはなりますが、デスクワークが多く、人材の方との直接的な関わりが殆ど発生しません。配置転換をお願いしてまいりましたが、会社の経営方針としてマーケティングチームを強化するという方針があり、このまま続けていても希望がかなう可能性がないと判断し、転職を考えるようになりました。

厳しい業界であることは十分理解しておりますが、もう一度人材ビジネスの世界で、直接人材の方と接することのできるような仕事をしていきたいと思っております。紹介業と派遣業の違いはあるとは思いますが、人と接する仕事であるという意味では、必ず生かせることがあると思っております。IT業界の知識も身につけておりますので、企業との対応もスムーズにできると自負しております。また、ベンチャー企業でしたので、営業成績という数字に関する厳しさは身についており、今後は派遣業の経験を積ませていただければ、必ず御社に貢献できる人材となれると思います。何卒ご選考、よろしくお願いいたします。

※英数字は半角入力、以外は全角入力が好ましいです

第二新卒歓迎の求人を探す

第二新卒の職務経歴書のサンプルフォーマットをダウンロード

下記より「職務経歴書」のサンプルフォーマット(Word)をダウンロードいただけます。

Check Points!

  • 転職動機や応募動機は、論理的かつ明確に書かれているか
  • 数字や実績、研修や業務経験がきちんと書かれているか
  • 受身や会社批判などネガティブな表現はないか
職務経歴書の書き方 に戻る

各領域に精通したコンサルタントが、あなたと企業のベストマッチを創ります

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります