転職で後悔しないために!会社選びにおける4つのポイントと注意点

転職で後悔しないためには、企業を見極めることが大切です。では、どのような視点・基準で志望する会社を見極めれば良いのでしょうか。今回は、後悔しない会社選びのポイントと、注意すべき点をお伝えします。具体的には、以下のポイントを解説します。

 

 

あふれる情報の中で、自分に合う求人情報を見つけることは、転職先を絞り込む上で役立つはずです。情報量の多さに疲れてしまった方、応募先の絞り込みが思うように進まない方は、ぜひ参考にしてください。

転職で後悔しないために!会社選びにおける4つのポイントと注意点

1. 会社選びのポイントは自己分析で決まる

会社選びのポイントは自己分析で決まる

転職活動の際に混乱を招く原因は、情報量の多さにあります。情報を収集すればするほど混乱し、自分に合った企業選びができなくなる方が多いようです。このような状況はほとんどの場合、自己分析をしっかりすることで解決します。転職活動における自己分析の意義と重要性について説明していきます。

◇転職活動における自己分析とは?

転職活動における自己分析とは、自分の気持ちと真摯に向き合い、「自分は何がしたくて転職するのか?」「自分は転職先で何ができるのか?」を導き出すことです。

この作業をすることで、「収入や待遇などの不安を解決したい」「仕事を通じて成長したい」「スキルを生かしてもっと充実した仕事がしたい」など、自分の中にある具体的な願望や価値観に気づくことができます。

また、自分にできることを分析することで、自分の長所だけではなく短所も明確になるでしょう。

気を付けなければならないのは、独りよがりな自己分析にならないようにすることです。人はなかなか自分の事は分からないものです。自分では、飽き性で反復的な仕事は合わないと思っていても、周りから見たら誰よりも粘り強く継続性のある人と評価されている場合もあります。

自己分析をする際は、他者にも自分がどんな人間なのか聞くと良いでしょう。聞く際は、親しい友人ではなく、上司や同僚などビジネス上付き合いのある方に聞くのがおすすめです。ほとんどの方が、ビジネスとプライベートでは見せる顔が違うはずです。実際の性格は人見知りなのに、親しい友人に、「よくしゃべるし、面白いから営業職が向いている」と言われ、事務職から転職して失敗するケースもあります。

◇時間がないときは自己分析を省略しても大丈夫?

多忙で自己分析の時間が取れない方もいるでしょう。しかし、それを理由に自己分析を省いて転職活動を行うことはおすすめできません。

自分が本当に求めている仕事、入りたい企業の特徴が把握できないまま転職活動を行っても、自分と相性の良い企業と出会うのは困難です。また、転職理由と志望理由、自分の長所と短所も明確でない状態では、志望先企業が魅力的に感じる履歴書や職務経歴書は作成できないでしょう。

つまり、時間がないからといって自己分析を怠ると、成果に結びつかない可能性が高くなるのです。

転職を決意した以上、自己分析の時間を設けて、ブレない「転職軸」を作るべきです。これが志望先企業へのアピールにつながり、かつ情報の取捨選択が容易になります。

◇自己分析が面接にも好循環をもたらす

採用面接は、企業と求職者が対等に向き合うお見合いのようなものです。そのような場で面接担当者に好印象を残すには、転職理由や将来の目標など「自分のこと」を知ってもらう必要があります。

自己分析によって転職したい理由や自分自身を客観視することで、面接時に志望理由や希望条件等どのようなことを聞かれても、冷静に伝えることができるでしょう。

2. 転職成功につながる求人情報のチェックポイント

転職成功につながる求人情報のチェックポイント

求人情報には仕事内容・職種・給与・休日休暇・勤務時間・各種福利厚生など、数多くの項目が並びます。

各企業の求人情報を的確に判断するには、各項目の優先順位や譲れない条件などをあらかじめ決めておきましょう。優先順位をつけておくと、大量な求人情報もスピーディーに目を通すことができるはずです。

 

◇こだわり条件が特にない場合どうすればいい?

転職希望者の中には、こだわり条件がない方もいるかもしれません。その場合、「この条件で働き続けることができるか?」を想像してみましょう。

「通勤時間が長い」「残業が多い」など、自分にとってマイナスな条件がある企業の場合、採用後にワークライフバランスに支障が出る可能性もあります。

志望する各企業の採用条件に大きな差がない場合は、「収入以外にこの会社で得られることは何か?」を考えてみることがおすすめです。

◇企業や経営者の考えは要チェック

採用条件だけではなく、その企業の経営者の考えや社風、理念、経営ビジョンなども、大切なチェック項目です。共感できなければ、自分に合った会社ではないと考えたほうが良いでしょう。

自分との考え方にズレがある企業に応募すると、履歴書の志望動機は書けません。書いたとしても、本心からではない志望動機では説得力がありません。仮に面接に進んでも、上手く受け答えができないはずです。

3. 応募企業の実情、日常業務にも目を向ける

応募企業の実情、日常業務にも目を向ける
入社後に後悔しないためには、応募企業の実情や日常業務を把握することをオススメします。

◇口コミをうまく活用

優秀な人材を獲得したい企業の中には、「難しい仕事内容」など、あえて敬遠されるようなネガティブな情報を求人情報に掲載するケースがあります。このような場合は口コミサイトなどを活用し、その会社の在籍者やOBの話を聞いて企業側の意図を判断しましょう。

◇実情を知るための情報収集の手順

実情を知るためにはどうすれば良いのでしょうか。情報を整理するためには、以下の手順がおすすめです。


  1. 1
    ホームページを熟読
    ⇒代表者のメッセージや企業理念などが確認できます。社内写真があれば雰囲気なども把握できるでしょう。
  2. 2
    求人広告を細かいところまでチェック
  3. 3
    ネット検索でOBや在籍者の口コミを読む
  4. 4
    求人広告の内容と口コミの内容を比較
  5. 5
    可能であれば企業のサービス・商品を利用する
    ⇒クオリティや対応力から、経営方針や将来性が推測できます。
  6. 6
    人脈があれば、OBや在籍者にヒアリングする

◇面接時も観察する

社内の雰囲気やすれ違う従業員の動き、表情から感じるものがあるはずです。挨拶をしたときの反応にも、「明るい」「元気がいい」など、その会社の雰囲気や従業員に共通する特徴が表れるものです。

4. 企業側の対応にも、会社選びにおけるポイントと注意点がある

企業側の対応にも、会社選びにおけるポイントと注意点がある
採用にいたるプロセスでどのような対応を受けたかも、企業を見極める大きなポイントです。

◇企業の対応はその企業の象徴

求職者に関心が高い企業は、メールの返信も早く、やり取りも丁寧で誠意を感じるものです。一方、反応が遅い、あるいは対応が上から目線で印象が良くないと感じたときは、その直感も大切にしてください。

求職者に対する態度はその企業の社風を象徴する場合もあり、印象が良くないと感じた企業との相性について考える必要があるかもしれません。

採用までのプロセスで違和感が生じたら、無理に違和感を払拭する必要はありません。自分に合った企業に入社するためにも、違和感は非常に大切な感覚です。

◇上司の人柄も要チェック

面接の場に希望部署の管理職の方が同席する場合、自分はその人とうまくやっていけそうかどうか、人柄を確認しましょう。

「この人と一緒に働いてみたい」
「この人にならついていける」

そう思える上司のいる会社に転職するのもひとつの考え方です。

自己分析を欠かさず、情報過多の時代の転職に成功する

情報があふれかえる時代に転職を成功させるには、まず自己分析で転職軸を確立させましょう。「何がしたくて転職するのか?」「転職先で何ができるのか?」を考え、自分の軸を固めましょう。

そうすると、求人情報のチェックはスピーディーになります。採用条件の優先順位を決めておくのも、情報を素早くフィルターにかけるために役立ちます。

また、自分の直感も大切にしてください。自分に合った転職先を選ぶには、その会社の対応など内情の一端を見た際に感じた印象も大切になってきます。

求人情報や企業パンフレットに掲載されている経営者の考えだけではなく、面接時の会話などを踏まえて、自分が納得できる会社を選びましょう。採用条件だけではなく、企業・上司との相性も幸福な転職には大切な要素です。

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります