キャリアアップや、転職に有利な資格16選

キャリアアップのために資格の取得を考えたことを、一度はあるのではないでしょうか。資格を持てば転職に有利になるだけでなく、昇進や年収のアップにもつながることもあります。また、将来的には資格を生かして独立・起業することも可能でしょう。資格にはたくさんの種類があり、取得に必要となる時間や労力、費用は異なります。資格取得を目指すのであれば、よりキャリアアップに役立つものを選びたいものです。ここでは、転職に有利な資格と選ぶ際のポイント、合格までに必要となる勉強の目安時間を基準について紹介します。

目次

転職活動で有利!資格を持っていることのメリットとは

資格があれば、スキルや知識を持っていることを客観的に証明できます。そのため、資格は転職に有利といわれていますが、メリットはそれだけではありません。転職活動をするにあたって、資格を持つことのメリットについて紹介します。

応募できる企業が増える

企業に応募するにあたって、資格が条件となっていることは珍しくありません。たとえば、不動産会社であれば「宅地建物取引士」、IT企業であれば「PMP」のように資格を持っていることを必須条件や歓迎要件にして募集している企業はたくさんあります。資格を持つと、より多くの企業に応募することがあります。

自分の能力を証明できる

採用担当者は限られた時間のなかで、多くの応募書類に目を通して書類選考を行わなければなりません。そのため持っている資格を記載すれば、客観的に自分の能力をアピールでき、採用担当者の印象にも強く残ることもあります。履歴書や職務経歴書で百の言葉を並べるよりも、そのスキルがあることをそれだけで証明することができます。

学びに対して意欲的な人材だと印象づけられる

資格を取得するためには、多くの場合時間を確保してエネルギーを注ぐこととなります。自分を鼓舞し、高いモチベーションを維持することが必要です。つまり、資格を持っているということは、自分の能力やキャリアを磨くことに意欲的な人材であると判断してもらえるのです。採用担当者に好印象を与え、採用される可能性も高まるでしょう。

独立開業・定年後にも有利な資産になる

資格は転職に有利なだけではなく、一生の資産になりうるものや独立開業が可能なものもあります。とくにその資格がないとできない業務独占資格の場合、優位性は高くなるでしょう。独立開業すれば頑張り方次第で年収を何倍にも増やすこともできるかもしれませんし、この場合は定年退職後も、資格を生かして働き続けられるのも大きなメリットでしょう。

転職に有利なのは?資格選びのポイント

資格は、さまざまな分野・業界にたくさんの種類があります。比較的簡単に取得できるものから、1年以上の勉強が必要なものまであります。ここでは、資格を選ぶ際に押さえておきたいポイントについて紹介します。

キャリアプランに沿った資格か

まず、自分のキャリアプランに沿った資格であるかどうかを見極めることが大切です。今の業界でさらにステップアップするためなのか、未経験の業界にチャレンジするためなのかによって、取得すべき資格は違ってくるでしょう。時間と労力、費用をかけて資格を取得しても、キャリアアップに生かせなければ意味がありません。自分のキャリアプランを明確にしたうえで、目指す資格の分野・業界を絞り込みましょう。また、資格自体に企業ニーズの高低差があり、さらに同じ資格でも昔はニーズが高かったが今はそれほどでもないなど、時代によっても変わるので、そのあたりもしっかり見極めておきたいところです。

難易度はどれほどか

資格を選ぶにあたっては、その難易度も考慮すると思います。具体的には合格率や勉強に必要な目安時間、試験の頻度について検討するのがポイントです。また、毎日どれくらい勉強時間を確保できるのか、いつ頃の合格を目指すのかも明確にするのが重要です。一般に難易度というと、どうしても合格率に注目しがちです。しかし、同じ合格率であっても、どれくらい勉強しなければならないかで、その難易度の意味合いには大きな違いがあります。

将来、独立や起業が可能か

資格のなかには独立・起業に向いているものと、そうでないものがあります。独立・起業までを視野に入れている場合は、その資格が独立・起業につながるものなのかを情報収集することが大切です。また、その資格を持っている人がどのような働き方や経験を積んで独立・起業したのかなどについても調べておきましょう。

業界別に有利な資格は異なる

資格にはたくさんの種類がありますが、転職に有利なものとそれほど影響しないものがあります。また、有利な資格は業界によっても違ってくるのです。ここでは、業界別に転職に有利な資格とその概要を紹介します。

保険・金融業界の転職に有利な資格

保険・金融業界では専門性の高い知識やスキルが求められます。保険・金融業界へ転職するにあたって、持っていると有利な資格について紹介します。

人気の資格!ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、ライフプランの設計や資産運用、不動産や相続など、お金に関するさまざまな知識を有していることを示す資格です。
ファイナンシャルプランナーの資格には1級~3級まであり、1級であれば独立・起業することもできます。また、保険・金融業界だけでなく不動産業界でも人気の資格です。資格取得のために必要な勉強時間は、3級で80時間~150時間が目安といわれています。

投資のスペシャリスト!証券アナリスト

証券アナリストとは、投資助言や投資管理サービスを行うための高度な専門知識を有していることを示す資格です。各種証券投資情報の分析と投資価値評価を行うためのスキルが求められます。
合格率は50%を超えますが、試験範囲が広いため勉強時間の目安は1,500時間~2,000時間といわれています。1日に2時間勉強したとしても2年間かかることになりますので、長期的な学習計画を立てることが大切です。

予測・推測のプロフェッショナル!アクチュアリー

アクチュアリーとは、確率論や統計学といった数学的手法を駆使し、不確定な事象を予測・推測するプロフェッショナルであることを証明する資格です。主に保険会社や信託銀行に所属して保険や年金の料率設定、商品開発、長期計画の策定などを行います。アクチュアリーの需要は高く、平均年収は1,500万円といわれています。
まだ資格取得者が少ないこともあり、将来性が期待できる資格です。最近では大手監査法人における保険会社向けのアドバイザリー業務でも需要は高まっています。
景気動向や経済指標の動きなど多くの要素が絡み合う数字を扱うため、試験の難易度は非常に高く、合格までにかかる時間は平均8年といわれています。

不動産業界の転職に有利な資格

不動産業界では取引に関するルールが詳細に定められているため、専門的な知識が必要です。不動産業界へ転職するにあたって、持っていると有利な資格について紹介します。

転職に強い!宅地建物取引士(旧宅地建物取引主任者)

宅地建物取引士は、主に不動産取引などを行うために必要な国家資格です。宅地建物取引士の資格がないと、土地や建物の売買、賃貸物件のあっせんなどの業務を行うことができません。不動産業を経営するにあたっては、従業員の5人に1人の割合で必ず宅地建物取引士を置かなければならないと法律で定められています。そのため、需要も高く転職に有利な資格です。合格するために必要な勉強時間の目安は、200時間~400時間といわれています。

業界に必須! 管理業務主任者

管理業務主任者は、マンション管理組合などに助言を行っているマンション管理会社に一定数設置が義務付けられている国家資格です。
主にマンション管理会社に所属し、管理会社がマンション管理組合と契約する際の契約内容説明や、年一度の年間業務報告は管理業務主任者が行わなければなりません。(業務独占資格)マンション管理会社が営業する為に必須の資格となる為、管理会社への転職に有利な資格となります。合格するために必要な勉強時間の目安は、100時間~400時間といわれていますが、未経験者と宅地建物取引士などを保有する場合では時間が大きく変わります。

独立にも役立つ! 不動産鑑定士

不動産鑑定士は不動産の利用価値や経済効果の鑑定評価を行う国家資格です。不動産の価格をつけるのが仕事で、不動産系資格の最高峰とされています。不動産の鑑定評価は、不動産鑑定士しか行うことができません。それだけに需要も高く、独立も可能で年収アップが期待できる資格です。試験の難易度も高く、合格するために必要な勉強時間の目安は、2,000時間~3,000時間といわれています。そのため、資格取得を目指すためには長期的な学習計画が重要です。

IT業界の転職に有利な資格

一口にIT業界といっても、その職種はさまざまで、資格にも多くの種類があります。ここでは、IT業界へ転職するにあたって、持っていると有利な資格について5つ紹介します。
最初の3つは難易度高めですが年収UPが期待できます。あとの2つはしっかり基礎を押さえておきたい方にオススメです。

企業からのニーズが高い! PMP

PMPは、Project Management Professionalの略で、プロジェクトマネジメントに関する民間資格です。米国のPMIという団体が主催しています。IT業界専門のものではありませんが、IT業界は常時なんらかのプロジェクトに参加して仕事をするため、実務に直結する資格といえます。勉強時間は公式の研修の受講含めて35時間~150時間が目安になります。またプロジェクトマネジメントの実務経験が受験資格になっており、高校卒業程度で5年、大卒程度で3年以上必要です。

難易度は最高峰! ITストラテジスト

ITストラテジストは、高度なITスキルと経営知識を併せ持つことを証明する国家資格です。IT系資格のなかでも最高難易度に位置づけられており、ITコンサルタントやCIO、経営者を目指す人におすすめの資格と言えるでしょう。高度な知識が求められるだけに、試験の難易度も高いのが特徴ですが、勉強時間の目安は持っている知識レベルによって大きく違ってきます。IT系企業に務めていて豊富な実務経験がある場合でも、国語力を問われる論文に備えて50時間程度の勉強は必要です。

高年収に期待! AWS・Azure・GCPの認定資格

AWSはAmazon、Azureはマイクロソフト、GCPはGoogleが、それぞれ自社プラットフォームの知識を広げるために設けているクラウド関連の認定資格です。急速にサーバーレス化が進むなかで、クラウドを正しく理解して扱える技術者へのニーズは高まっています。これらの資格を持ち、さらにシステム設計が可能な開発者であれば、転職に有利なだけでなく高い収入が期待できるでしょう。

以下の2つは、IT業界へ入った際は、基礎をしっかり押さえておきたい方にオススメです。

インフラエンジニアにオススメ! Linuc

Linucは、Linuxの認定試験を実施しているNPO法人「LPI-Japan」が認定する資格です。世界共通の試験であるLPICを、より日本市場に即した内容にして2018年2月に新たに制定された資格です。日本企業の約7割がOSとしてLinuxを導入していて、特にWebサービスの業界ではLinux技術者が不足しています。それだけに需要も高く、転職に有利な資格です。Linucには3つのグレードがあり、勉強時間の目安は実務経験や関連資格の保有などによっても違ってきます。レベル1なら経験者で2時間~30時間、未経験者なら基礎から始めて100時間程度が勉強時間の目安となるでしょう。

実務経験があれば取得しやすい! CCNA

CCNAは、Cisco Certified Network Associateの略で世界最大手のネットワーク関連機器メーカー「シスコシステムズ」がネットワークエンジニアの技能を認定する資格です。基礎的なネットワーク技術を持つことを証明する入門的な資格で、世界共通基準というのがCCNAの特徴です。CCNAは業務や業界に適した資格に細分化されており、5種類のグレード、9つの分野に分かれています。合格のために必要な勉強時間は、ネットワークの実務経験の有無などによっても大きく違ってきます。実務経験があれば、一通り参考書に目を通し、初見の項目があればそこを理解する程度でも合格は可能なため、2時間~30時間が勉強時間の目安になるでしょう。

どの業界の転職にも有利な資格

資格のなかには、どの業界の転職にも有利な資格があります。ここでは、あらゆる業界から評価される資格を紹介します。

語学系資格の入門なら! TOEIC・TOFEL

TOEIC・TOFELは資格ではなく、英語力を証明するためのテストです。一定以上の得点であれば、商社や外資系企業、海外展開を行っている企業にアピールしやすくなるというメリットがあります。たとえば、TOEIC600点で「日常会話ができる」、700点以上で「社内文書などを読んで理解でき、仕事に関連した説明を理解できる」、800点以上で「ビジネス上の議論ができ、自分の言いたいことをしっかり伝えられる」とされています。そのため、TOEICで600点~800点以上、TOFELで213点以上であれば、転職の武器となるでしょう。

事業責任者・経営層への転職に! MBA

MBAは資格ではなく、経営学修士の学位です。MBAの学位があれば、国際基準での経営学の知識を体系的に修得していることを示すことができます。MBAを取得するためには、MBA取得のプログラムを持つ教育機関で1~2年教育を受けることが必要です。オンラインで授業を受ける方法もありますが、取得するまでの学費総額は100万円~300万円程度といわれています。MBA本場のアメリカでは上場企業の部長職の6割がMBAを保有しているなど、実質的に管理職になるための資格とも捉えられています。

転職市場では貴重な存在! 中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営課題を解決するためのアドバイスを行う国家資格で、経営コンサルタントとして独立・起業しやすい資格です。暗記系のものから理解を重視する科目まで試験科目が多いのが特徴で、記述式の試験もあるため難易度は高いといえます。合格に必要な勉強時間の目安は1,000時間程度といわれており、長期的な学習計画を立てて試験に臨むことが重要です。

社会保険の専門家! 社会保険労務士

社会保険労務士は、社会保険に関するスペシャリストであることを証明する国家資格です。企業が人を雇用するうえで欠かせない社会保険制度に携わる仕事のため、高いニーズがあります。また、独立・起業しやすい資格でもあり、本人の営業努力次第で年収3,000万円台も可能です。難易度は中程度ですが、出題範囲が広いため、必要な勉強時間の目安は800時間~1,000時間といわれています。

活躍の場が広がっている! 公認会計士

公認会計士は、会計監査に携わる専門家で監査業務が行える唯一の国家資格です。財務諸表のチェックや経営についてのアドバイス、コンサルティングなどの財務業務が仕事で、どの企業でも必要とされる資格です。そのため、ニーズも高く、独立・起業しやすい資格でもあります。会計系最高峰の資格といわれるだけに試験の難易度は非常に高く、目安となる勉強時間は3,000時間程度といわれています。

独立開業にも役立つ! 税理士

税理士は、納税者から依頼を受けて、申告の代理や書類作成、税金に関する税務相談の業務を行う国家資格です。税務に関するスペシャリストで、独立・起業をする人の割合が高いという特徴もあります。試験の難易度は高く、目安となる勉強時間は2,500時間~5,000時間といわれています。試験は科目ごとに行われ、11科目中5科目の合格が必要です。一度合格した科目はずっと合格として扱われるため、長い時間をかけて挑戦できます。そのため、計画的に勉強すれば、働きながら税理士資格を取得することも可能です。

資格取得を決める前に確認しておきたいこと

転職・キャリアアップを視野に入れて資格取得を目指す場合には、いくつか気をつけたい点があります。ここでは、主なポイント4点について紹介します。

合格までの学習計画を立てて勉強時間を確保する

資格によっては、毎日2時間勉強しても1年~2年の時間が必要な資格もあります。それだけに、フルタイムで仕事をしながら勉強時間を確保するのは簡単なことではありません。また、勉強を継続するためにはモチベーションを維持することも必要になります。それを覚悟したうえで必要な勉強時間を算出し、資格取得までの学習計画を立てることが大切です。場合によっては家族や職場の人などの協力を得て、勉強時間を確保して合格を目指しましょう。

必要な費用と期待できるリターンを考える

資格取得のために必要なのは時間だけではありません。受験費用の他にも勉強するための費用がかかってきます。独学で学習する場合には参考書や問題集は欠かせませんし、スクールに通う場合には授業料が必要です。そのため、合格するまでにどれぐらいの費用がかかるのか、合格した場合にその費用に見合ったリターンが期待できるのかを慎重に検討することが重要です。

必要かつ将来性のある資格なのかを判断する

取得しようとしている資格が転職のために本当に必要なのかを確認しましょう。資格を持っていなくても、目指す企業に転職している人がいるかもしれません。時間とお金をかけて資格を取得しても、それが生かされなければ意味がありません。目標を定める前に十分に情報を集め、資格の取得が必要条件なのか、少し有利になる程度なのかを判断することが大切です。

資格取得は手段であり最終目標でないことを肝に銘じる

資格取得は、転職やキャリアアップのための手段であって最終目標ではありません。資格取得そのものが最終目標になってしまうと、いくつもの資格を保有してもキャリア上は評価されにくいでしょう。また、世の中の動きに応じて資格自体に将来性が見込まれるのかなど、転職を成功させるためには、資格だけでなく転職に関するさまざまな情報を得られるようアンテナを張っておくとよいでしょう。

キャリアプランに沿った資格を取得して転職を成功させよう!

まずは、自分のキャリアプランを明確にすることが重要です。この資格は人気がありそうだからと安易に選ぶと、モチベーションを維持し続けるのは難しくなります。キャリアプランに沿った資格を選べば、勉強や転職への意欲も高まり、働きながらの資格取得も可能になるでしょう。なかには入社後に会社の支援を受けながら資格を取れる職場もあります。
キャリアアップにつながる資格を選び、必要な勉強時間や費用について十分に調べることが大切です。そのうえで合格までの学習計画を立案し、資格取得にチャレンジしましょう。

スマート転職術 に戻る

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります