アデコグループのスプリング転職エージェント

転職ノウハウ:転職を考えたなら転職しやすいタイミングやきっかけ

転職のきっかけは人それぞれに違うものです。また、転職をしても、適切なタイミングではなかったと感じる人もいるかもしれません。それだけに、転職経験者はどのようなきっかけで転職を考えたのか気になる人もいるでしょう。そこで、どんなことをきっかけに転職を考えたのか、さらに、適切なタイミングの見極め方について解説していきます。

多くの人が転職を考えるきっかけとは

実際に転職を果たした人が、転職を考えるきっかけになったものにはどのような内容があるのか、一般的な例で説明していきます。

給与・待遇への不満

転職を考えるきっかけの1つは待遇面です。給与や待遇はモチベーションを左右しやすいものだけに、納得がいかない場合は会社への愛着も薄れてしまう要因になります。業績にともなって昇給したり評価が上がったりすると、さらに頑張りたいと感じる人は多いものです。しかし、なかなか昇給しない場合や、ボーナス査定が低い場合には不満が募りやすくなります。さらに、休日出勤手当や残業代が支給されないというケースも少なくはありません。報酬に不満があると、自分の仕事が認められていないという感覚に陥り、「自分を正当に認めてくれる会社が他にあるのではないか」という考えにつながっていくことがあります。

勤務時間・休日休暇への不満

労働時間が長い、土日休みではない、希望時に休みが取れないといった不満です。
背景はさまざまですが個人も企業も仕事時間に関する考え方が、以前とは大きく変わってきています。ワークライフバランスの考え方や、育児や介護と両立などの働き方へのニーズの多様化への理解が普及してきています。企業はそれに応えフレックス勤務、リモートワーク制度などを用意し、政府は労働時間抑制や有給休暇取得の義務化など、主導する働き方改革の実現のための法整備が進んでいます。

人間関係

職場でストレスの原因になりやすいものの1つが人間関係です。
配属当初からや、人事異動などにより、上司や部下、または同僚など相性の悪い人と同じ部署になることもあるでしょう。もちろん転職をしても、組織の中で働く以上は人間関係の問題が解決されるとは限りません。しかし、働き方や業種の選び方次第で改善も可能であり、仕事のパフォーマンスが上がる場合もあります。

経営方針や職務内容の変化

勤続年数の経過とともに、会社の状況にも変化は出てくるものです。例えば、合併や買収、創業者の引退などでトップが変ることもあるでしょう。海外からの対日投資額は右肩上がりで、日系企業が外資系化することも増えています。入社時は老舗日本メーカー、今は上司が外国人の外資系企業、といった例もめずらしくはありません。
トップが変わると経営方針が変わりやすく、社内の風潮にも変化が生じます。
経営の悪化などがあれば早期希望退職者を募ることもあり、そのタイミングで転職を決める人もいます。

社会構造の変化・パラダイムシフト

社会がハイスピードで変化していくのは産業、企業も同様で、それにより仕事が廃れることがあります。過去にないデジタル化の波により、人が行っていた仕事のIT化が進んでいます。それにより経験や保有している資格の陳腐化、そのポジション自体がなくなることもあります。在籍している業界自体への将来的な不安を抱えることもあるでしょう。

ライフスタイルの変化

ライフスタイルの変化も転職に多い理由となっています。出産・育児・介護との両立を希望する人が男女ともに増えています。これらをきっかけに勤務時間・休日休暇への不満へつながることもあります。1社に定年まで勤め続ける‘‘就社‘‘の考え方が薄くなり副業、パラレルワーク、フリーランスなどが以前より身近な存在になりつつあります。

キャリアビジョンの変化

将来的なキャリア形成を変えたいと思うことや他にやりたい仕事ができるケースです。
現在の会社で昇進の可能性が低いと感じて転職する人、独立という目標ができ、それに必要な資格の取得や経験を積むために転職を考える人も少なくはありません。

転職しやすいタイミングやケース

転職にはしやすいタイミングやケースがあります。それ次第では、希望通りの転職が実現しやすいこともあります。

景気がよい時

転職は採用市場における需要と供給です。これまで好景気の時は求人が増えています。人手不足が背景で採用基準の合格ラインが下がることや、より多く採用したい場合、募集人数が増えるのでチャンスといえます。

今、需要の高い職務に就いている

需要は事態によって変わりますが今ならデータアナリストのような、企業からのニーズが高く就業者が少ない職種に就いているケースです。ITエンジニアのような人手不足が慢性的で引く手あまたのような職種に就いているというケースも該当します。

突き抜けた実績や専門性がある

その職務においてTOPクラスの仕事ぶりであるケースです。その道のプロフェッショナルとして高い実績やノウハウがある場合、採用したい企業は多いでしょう。
売上上位をキープする営業職、強靭なリーダーシップでプロジェクトを推進させてきた事業責任者などが一例です。

若年層である

転職は年齢と経験のバランスを見られますが、年齢が低いほど経験値への比重は低くのびしろであるポテンシャルで判断される傾向があります。ミドル以上の年齢層よりも柔軟性がある、業務のキャッチアップが早いという期待を持たれやすいことも強みです。

転職を考えたなら、まずは自己分析と情報収集を

転職はするもしないもリスクが伴うことや、転職に慣れている方は少ないため、慎重になるのはあたりまえでしょう。
自分自身の市場価値、タイミングのよしあしの判断はなかなか難しいもの。転職を考えていても、なかなか踏み切れずにタイミングを逃してしまう人もいます。

おすすめしたいのは、自己分析と情報収集です。
自己分析は、すべての意思決定の要になります。転職活動中も転職後にも迷いが生じたときにはここに戻って考えることができ、覚悟もできるでしょう。
同時に情報収集も行いましょう。転職サイトなどでは求人の傾向が分かります。同じ職種についている人、元同僚など人に話を聞く方法もあります。

実際にはこれらを行うことはけっこう大変な作業です。その場合、転職エージェントの利用することもできます。転職エージェントは、プロとしての適切なサポートをしてくれます。
Spring転職エージェントでは、自己分析のフォローと、企業から直接聞いた生の情報提供もしています。

関連コンテンツ

Spring転職エージェントの無料転職支援サービス

Spring転職エージェントでは専門分野に特化したベテランのコンサルタントが、忙しいあなたに代わって、情報収集、求人への応募、面接日時調整などを行います。レジュメ添削、面接対策など豊富な成功事例を元にサポートも充実しています。費用は一切かかりませんので、転職をお考えの際は、お気軽にご相談ください。

Springに登録(無料)

各業界に精通したコンサルタントがあなたの転職をサポートいたします。

転職ノウハウ
転職支援とは
特徴やメリットについてご紹介します
  • mixiチェック