アデコグループのスプリング転職エージェント

2018年6月13日

監査法人だけじゃない! 今、ニーズが高い公認会計士のキャリアパスとは

カテゴリ:関西エリア

今後の生き残りを見据え、経営の方法などについて改善を加える企業の動きが活発化。それに伴い、公認会計士が事業会社へ転職するケースが増加しています。事業会社が公認会計士に求める仕事内容はとても幅が広いため、さまざまな場面で活躍することが可能です。これまでとは違った経験を積むことは、やりがいやキャリアアップにもつながります。

公認会計士の能力と経験を求める企業が増加

公認会計士として事業会社へ転職すれば、内部監査、経営企画、M&A、海外子会社管理などの場面で活躍することが可能です。日本国内における内需は年を追うごとに縮小しています。この主な原因は少子高齢化による人口減少。こういった背景により、企業は生き残りをかけ、今後ますます海外進出をはじめとした経営体制の強化に乗り出していくでしょう。
また、M&Aや子会社化を終えた後に備え、ガバナンス強化のために内部統制や内部監査を徹底したいと考える企業も多いです。このように、公認会計士に対しては、ファイナンスの専門家としてのニーズが強まっています。

公認会計士の目線を生かすことで企業の発展を支える

公認会計士として事業会社で働くということは、第三者の立場から企業の経営状態をチェックするという公認会計士の一般的な仕事内容では決して味わうことのできない醍醐味を感じることができます。自らが主体となって会社の運営全体に関わることができるというのは、公認会計士としてはなかなかできない経験ではないでしょうか。
例えば、会計監査の経験を生かした内部監査業務。ファイナンスのプロとしての目線を活用することで、経営に対して具体的な問題点を指摘することができます。それをもとに、内部統制を行うための体制づくりや運用に関わることも可能です。公認会計士がその企業の一員として意見を発するは、企業にとってそれまでにない大きな成果を生む可能性を秘めています。
さらに、公認会計士に対しては、ファイナンスの知識を生かしたM&Aや経営管理といった業務を統括してほしいというニーズもあるでしょう。ここでは、それまでの豊富な実務経験を生かすことで、企業の利益を最大限に引き出す使命があるといえます。このように、公認会計士が事業会社で働くということは、より責任がある仕事を任されるということでもあります。

事業会社における公認会計士の活躍の場はとても幅広く、組織を支える要となることが可能です。重要なポジションとしての大きな充実感を感じることができるでしょう。
また、多様な経験を積んでおくということは、将来を見据えて考えてみてもメリットがあります。事業会社での経験は、公認会計士としてのキャリアアップといった意味でも大きな強みとなるはずです。これは、公認会計士が求められている今だからこそ挑戦できるチャンス。このようなキャリアパスも参考になれば幸いです。

Spring転職エージェントの強み

今回ご紹介した事例以外にも、たくさんの職種で実績事例があります。関西エリアでの転職をお考えの方はぜひSpring転職エージェントまでお気軽にご相談ください。

コンサルタント

プロフィール

宮下 潤
専門・担当領域:HR&ファイナンス(人事総務・財務経理・法務・知財・コンサル)

大学卒業後、人材サービス会社での法人営業を経て、2000年にアデコ株式会社へ入社。総合人材サービス会社のコンサルティング営業として14年間、人材紹介、人材派遣、アウトソーシングの営業に従事。その後人材紹介部門(Spring転職エージェント)へ異動し、主に管理系職種(人事総務、経理財務、知財特許、法務、会計士、コンサル)を専門に担当。ミドルクラスからハイクラス人材の転職支援に強みを持つ。

Springに登録(無料)

各業界に精通したコンサルタントがあなたの転職をサポートいたします。

  • mixiチェック