アデコグループのスプリング転職エージェント

2018年6月13日

諦めるしかない? 最終面接直前に、他の魅力的な企業に出会ったシステム開発部長

カテゴリ:Executive

エグゼクティブクラスの転職では、企業のニーズをとくに的確に把握することが大切です。今回は、企業が求める人材について正確な情報を集めた結果、スピーディーな内定獲得につなげられたA様の転職成功事例についてお話しします。

責任ある重要なポジションからさらなるキャリアアップを目指す

A様は40代男性で、外資系IT企業でシステム開発部長として責任ある重要なポジションに就かれていました。年収はおよそ2000万円。上昇志向が高く、更なるキャリアアップを目指すことのできる環境を求めて転職活動を開始。Spring Executiveにご登録いただく前にご自身で企業の求人へ応募されるなど、転職への積極的な姿勢がうかがえました。最終的にA様は、日系IT企業のIT部長職として年収およそ2200万円で転職されました。転職の決め手は、提示された年収が魅力的だったのと、さらなるキャリアアップを見込める環境が整っていたから。希望通りの転職を決めることができ、A様はとても満足されています。

より大きな裁量権をもって活躍したいという意欲

もともとA様は、大手企業においてエンジニアとしてキャリアをスタートさせました。数年後には実力が認められ、マネージャー職に就任。外資系IT企業に転職されたあとは、システム開発部長としてキャリアを積んでこられました。前職は、責任ある重要なポジションではありましたが、A様ご自身は、業務に対する裁量権が小さいことに不満を感じていました。より裁量の大きな仕事に携わり、キャリアップを目指したいというお気持ちから転職を決意。より裁量権をもったシニアマネージメントポジションに従事することを強く希望されていました。

お客さまの状況に合わせた選考スケジュールを設定

A様がSpring Executiveにご相談に来られたのは、すでにA様がご自身で応募された企業の最終面接の日程調整が行われている段階。当社が案件をご紹介するためには、選考プロセスをいかに早められるかが重要なカギでした。そのため、A様にご紹介する企業の人事や部門などとの連携を強化しました。同じ日に複数回の面接を設定したり、現場との面談を重ねたりすることにより、短期間でも相互理解をしっかり深められる機会を用意。特に面接対策には力を入れ、A様には必須の質問事項だけでなく面接官のタイプについてもお伝えさせていただきました。このように徹底的なサポートを行った結果、シニアポジションとしては異例の速さで選考を終え、スピーディーに内定獲得にいたりました。

エグゼクティブクラスの転職では企業のニーズの把握が重要

上級管理職や経営幹部といったエグゼクティブクラスの求人情報は、ほとんどが非公開となっています。しかしながら、Spring Executiveには、エグゼクティブクラスの採用を希望する企業との太いパイプがあります。そのため、企業の採用に対する最新のニーズを常に深く理解することが可能です。そういった当社の強みを活かすことで、条件がぴったりマッチした案件のご紹介につなげることができます。今回はA様が求める条件をおさえつつ、選考スケジュールにも注意を払ったことが成功の大きなポイントです。エグゼクティブクラスでありながら短期間でスムーズに内定受諾までを完了させられたのは、こういった当社の強みを最大限に発揮することができたからだといえます。

Spring転職エージェントの強み

今回ご紹介した事例以外にも、たくさんの職種で実績事例があります。Executiveでの転職をお考えの方はぜひSpring転職エージェントまでお気軽にご相談ください。

コンサルタント

プロフィール

安藤 聡子
専門・担当領域:IT エグゼクティブポジション

アメリカの大学院を卒業後、現地にある日系専門商社にて営業職に従事。日本帰国後は外資系大手人材紹介会社に入社し、IT業界のテクニカルポジションを中心とした人材コンサルティングサービスを行う。2016年にSpringへ入社。現在はIT業界向けのミッドキャリア層からCIO、CTOと言ったエグゼクティブ案件を担当し、実績をあげている。

Springに登録(無料)

各業界に精通したコンサルタントがあなたの転職をサポートいたします。

転職ノウハウ
  • mixiチェック