アデコグループのスプリング転職エージェント

2018年05月23日

今後の成長に期待が集まる再生医療業界への転職

カテゴリ:製薬・医療・化学系

再生医療業界は、今後の医療を牽引していく業界です。再生医療に関する規制緩和や国の支援も進んでおり、ますます盛り上がりをみせることが予想されます。再生医療業界では、さまざまな職種に対する求人が増加しています。

再生医療業界で高まるさまざまな職種に対するニーズ

転職を希望するなら再生医療業界に注目してみましょう。再生医療とは、端的に言うと患者様が失った体の機能を回復させるために、細胞などを人工的に再生する手法のことです。再生医療に関する研究は非常に盛んになっており、治療目的だけでなく、製薬メーカーでの創薬プロセスにおける応用なども拡大しており、求人の案件数もかなり豊富になっています。
また、治療目的の細胞製剤においては、今後は治験フェーズに入る企業も増えてくることが予測されるため、再生医療製品に限らず、医薬品の薬事申請などの経験者ニーズは高まってくるでしょう。さらに、再生医療製品の製造や品質管理といった職種なら、再生医療に関連した経験がない場合でも関連職種での経験が豊富だと判断されれば採用される可能性も低くはありません。

再生医療の規制緩和による人材確保の動き

再生医療業界において、さまざまな職種に対する求人が増えていることには、はっきりとした理由があります。再生医療は、医療分野のなかでも特に新しい分野です。2013年に再生医療推進法が成立したのを皮切りに、医薬品医療機器法などの新しい法律が制定されました。このなかでは、従来の医薬品や医療機器とは別に、再生医療製品という区分が新たに設けられています。このことにより、再生医療製品の承認に関する規制緩和が大幅に進みました。再生医療分野に対する国からの資金投下も、積極的に行われるようになっています。その対象は公的研究所に限らず、製薬企業やバイオベンチャーなど、再生医療の発展を牽引するさまざまな機関も含まれています。こういった背景から、再生医療業界では、研究者や薬事申請担当者をはじめとする人材の確保が急務となっているのです。各企業は優秀な人材確保に力を注いでいるため、採用条件が好条件に設定されることも多くなっています。

再生医療業界を目指すなら経験やスキルを積極的にアピールを

転職希望者にとって再生医療業界は、まさに狙い目だと言えるでしょう。求められているスキルやそれぞれの職種に合った経験を上手くアピールすることができれば、転職先としての選択肢はかなり幅広くなります。具体的な仕事内容を意識して、それに絡めたエピソードを盛り込むことを忘れないようにしましょう。転職活動を成功させるためには、それが重要なポイントとなります。例えば研究職を目指すなら、再生医療の課題である品質の安定化について言及し、PS細胞やバイオ医薬品に関する安定した培養技術を修得していることなどを示すことができると非常に有利です。
また、医薬品メーカーにおいて低分子医薬品やワクチンなどに関する薬事申請の経験者の方も、再生医療分野で生かせる可能性があります。再生医療業界では、今後ますます承認申請が必要になってくるので、そういった経験に対するニーズはかなり高いです。さらに、再生医療業界においては海外との連携も多くなってきています。具体的には、日本企業が海外のバイオベンチャーを買収したり、技術提携を行ったりする動きが加速しています。そのため、製造責任者などの職種を希望する場合は、英語が使えることをアピールすると即戦力として認められやすくなるでしょう。
再生医療業界は求人が多いので、マッチするスキルや経験を持っている方なら納得できる転職先を選ぶことも決して難しくはありません。再生医療業界のなかから有望な企業を見つけることができれば、あなた自身の力をしっかり発揮することができ、今後のキャリア形成にも大いに役立つはずです。

Spring転職エージェントの強み

今回ご紹介した事例以外にも、たくさんの職種で実績事例があります。製薬・医療・化学系での転職をお考えの方はぜひSpring転職エージェントまでお気軽にご相談ください。

Springに登録(無料)

各業界に精通したコンサルタントがあなたの転職をサポートいたします。

転職ノウハウ
  • mixiチェック