データからひも解く採用市場≪通説を疑ってみた ~転職35歳限界説~≫

今回は少しざわつきそうなタイトルでお送りします。転職を取り巻く通説は数多ありますが、最も言及されているのは年齢ではないでしょうか。私がこの仕事を始めた15年前から今日に至るまで同じようなテーマの書籍が書架を賑わせていることが、如何に日本の採用市場が依然として過度に年齢を意識しているか、年功的な考えに拘泥しているか、の証左と言えます。

本件についてはデータを紐解くまでもないのではと思いつつ調べてみると、やはり毎年転職年齢(※1)は上昇を続けており、2019年時点で”35歳の壁”を超え、40歳に迫ろうとしています。なお、生産年齢人口(※2)の平均年齢の上昇率を超える伸びを記録しています。

考えてみると尤もなことで、全人口、また生産年齢人口の平均年齢は上昇し続けるわけです。持続可能なビジネス運営や組織構築のためには年功的な人材登用・採用からの脱却が求められます。JOB型の導入やITの伸長による既存ビジネスのディスラプションにより、さらにこの流れは加速されそうです。

一方で我々、個々のビジネスパーソンとしても、エンプロイアビリティ(雇用される能力)を高める必要があります。40代、50代と年齢を重ねても転職を果たしていく人財に共通することは、マネジメント能力や卓越した専門性など相応の市場価値であり、実務に加えてリスキル・アップスキルなど継続したキャリア開発が求められます。

Spring転職エージェントのサービスは、必ずしも転職を前提とせず、今後のキャリアについてのご相談も承っておりますので、是非お気軽にお声がけください。

  • データは全て弊社取扱求人・転職支援活動の蓄積データに準拠
  • 1. 弊社にて支援し、転職に至った人財の当時の年齢
  • 2. 15歳以上65歳未満の人口
 

Spring転職エージェントの強み

Spring転職エージェントでは、さまざまな業界・職種に精通したコンサルタントが、登録者一人ひとりのキャリアに応じて、適切なアドバイスを行っております。転職をお考えの際はぜひ、Spring転職エージェントの転職支援サービスをご利用ください。

Springに登録

コンサルタント

飯野 翔太郎

大学を卒業後、IT業界・コーポレート系職種を中心に転職エージェントを経験。現在は人材紹介事業部門(Spring)付の経営企画担当として、営業企画、プロセス改善、事業部横断プロジェクトの推進、DX推進を担っている。

関連記事

転職ノウハウ に戻る

各領域に精通したコンサルタントが、あなたと企業のベストマッチを創ります

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります