ジョブNo.369347 基礎研究および薬効評価試験

  • 正社員

非公開

「再生誘導医薬」の研究開発に携わって頂きます。
・培養細胞(株化細胞・初代培養系)を用いた医薬候補品の作用メカニズム解析
 (生化学/分子生物学的解析)
・各種医薬品候補物質についての薬効評価試験
 (組織再生モデル、炎症・免疫系モデル、線維症モデルなど)
・病理学的解析および、その分子機構の解明のための基礎的研究
※扱っていただく動物は主にマウスです。

■再生誘導医薬とは
当社が実現を目指す「再生誘導医薬」とは、医薬品の投与のみによって、再生医療と同等の治療効果を得られる次世代の医薬品です。
生体には本来、怪我や病気で損傷し失われた組織を自ら修復し再生する、自己組織再生能力が備わっています。これは、様々な組織に分化することが可能な(多分化能を有する)幹細胞が生体内に存在するためであり、幹細胞が損傷組織において必要に応じた増殖能と分化能を発揮することで、組織の機能的な再生が促されます。
この生体が本来備える組織再生機序を最大限に効率化するのが再生誘導医薬です。

コンサルタント 柴田 理

募集要項

職種 メディカル系/研究、メディカル系/ゲノム・バイオ・バイオインフォマティクス、メディカル系/非臨床研究・前臨床研究・薬理・CMC
年収 450万円~1000万円
勤務地 大阪府
応募資格 【必須】
・哺乳類細胞培養(※初代培養細胞)のご経験
あるいは
・動物疾患モデルの作成のご経験(および動物実験のご経験)
いずれの場合も5年程度以上の経験がある方

・一般的な生化学・分子生物学的技術に関する知識が必要
・医歯薬理工農学系の博士号を取得していること
・発生学・免疫学・病理学のいずれかで、筆頭著者(Co-1stも可)として査読付きの国際学術誌1報以上の執筆経験があること

【尚可】
・光学顕微鏡を用いた生物実験・蛍光イメージング技術
・実験計画の立案や、チームの進捗管理などマネジメント経験があれば望ましいです
・新しい知識・経験等を導入可能なユニークな学際領域の出身の方に興味があります
学歴 博士以上
雇用形態 正社員(期間の定めなし)
勤務時間 09:00-18:00
[実働時間] 08時間00分
[残業時間] ~30時間程度
残業について:
各プロジェクトや実験計画に合わせてフレキシブルに調整できる環境です。
休日・休暇土、日、祝日
年間休日 120日
夏季休暇、年末年始休暇
・慶弔休暇 ・特別休暇
待遇・福利厚生待遇・福利厚生なし
健康保険、厚生年金、労災、雇用保険
通勤交通費(全額)

企業情報

企業名非公開
業種・資本 メーカー系(医薬品・医療機器(メーカー))
ヘッドオフィス : 国内

基礎研究および薬効評価試験

  • メディカル系/研究、メディカル系/ゲノム・バイオ・バイオインフォマティクス、メディカル系/非臨床研究・前臨床研究・薬理・CMC
  • 450万円~1000万円
  • 大阪府