ジョブNo.354843 コンサルタント(MCFrame)

  • 正社員

非公開

東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G:ビーエンジ)は、様々な製造業のお客様をIT・IoTで支援しています。(製造業向けの売上が全体の80%以上)
ものづくりを熟知しているプライムパートナーとして、自社基幹業務パッケージや様々なソリューションを組み合わせながら、新しい取り組みにも積極的にチャレンジをしています。

【業務内容】
MCFrame(生産、販売、購買、原価、物流)システム導入にかかわるBPR、業務分析、設計、導入及び運用管理についてのコンサルテーション、システム開発業務。

【発祥について】
元々、プラント専業3大企業、日揮、千代田加工、東洋エンジニアリングでおなじみの
東洋エンジニアリングの情報システム部門が独立して、設立された会社です

【事業の得意領域】
東洋エンジニアリングの時代から、製造業のお客様にITを適用する仕事を30年近く
やってきている為、工場の生産管理システム、原価管理システム、MES(製造実行システム)の
開発に強い会社です。
SAPを日本に最初に持ってきたのは、東洋ビジネスエンジニアリング社。
その後、製造業、医薬品メーカーを中心にビジネスを拡大してきました。
独立系SIerで製造業にこれだけ特化してやっている会社は、珍しいと言えます。


【社員数について】
単体で450名。グループ会社含めて、579名
アライアンスパートナーを含めると1000名を超えます。
2014年に一部上場もしております。

【売上げについて】
今期は、売上高150億円。営業利益10億を予定しており過去最高を更新。
おおむね、150億円を1000名で稼いでいる会社です

【募集を強化している背景】
モノづくりのデジタル化を製造業界が進める中
世界で戦う為、ITへの投資は今後も積極的な状況が続きます。
90年代、工場を海外に作るグローバル化のブームがあり
その時代から対応しております。
これまで、賃金が安い国に工場を建てて、安く作って日本に持ってくるが
主流でしたが、今は、海外で生産もするし、マーケも販売も全部海外で
一気通貫でやるお客様が増えてきております。
生産管理だけグローバル対応するというよりは、
生産管理も作るし、会計、販売管理システムも同時に開発している状況です。
その為、ノウハウが豊富な同社に受注が集中しております。
そこで、優秀なエンジアの方、業務知識がある方を集めている次第です。

【事業について】
当社は、ソリューション事業とプロダクト事業の2本柱です
特徴は、ソリューション事業は、SAPやOracleなど他社が開発したソリューションを
ラインナップとして用意して、お客様の現場の課題に対してどういったソリューションを適用するかを
考えながらお客様の課題解決をする事業です。
※保守、運用は、グループ会社が行います。

ソリューション事業は、SAPの導入案件が利益の50%の割合。
3~4年前は70%あったが、いまSAPはおおむね入りきっており。
市場はシュリンクしていくだろうと言われる中、
同社では、MES、SCMなどに注力し、よりERPでは解決出来ない
日本の製造業のきめ細かい課題に対して、応えております。
特にMES(製造実行システム)はお客様のモノづくり、
現場をしらないと導入できないため、生産管理に強い会社として自負する
同社はトップランナーとしてやってきている実績がございます。
SAPの導入実績はたくさんあるが、医薬業界にも強いのが特徴です。
日本の総薬メーカー10社のうち7社の基幹システムを同社がおこなっております。
製薬は、景気の影響を受けない業界の為、機械系や受注系の製造業ばかり
やるのではなく、バランスを取りながら安定的な収益を出せるお客様と
取引関係があるのも強みの一つです。
まとめると、一度は聞いたことのある有名・大手企業の
SAPを中心として基幹システムをやっているのがソリューション事業。

第二の事業の柱は、Mcframeのプロダクト事業です。
同社が製品を作ってライセンサーとしてビジネスをしております。
同社の製品「Mcframe」を担いで頂いているSIパートナーが約50社。
大きいところでインテックグループ様、新日鉄住金ソリューションズ様など
同社より大きいSIerが[Mcframe」を担いでSIのビジネスをやっている。
我々は、その広がったライセンスに対し、毎年フィーをいただく仕組みです。
ライセンスビジネスは、収益力が非常に高いビジネス。
450名くらいの会社で、ライセンスビジネスをやっている会社はあまりございません・。
Mcframe【IoT製品含む】は、導入社数1000社を超え、生産管理、原価管理領域に強いのが特徴ですが
製造業は部品を集めて、組み立てるという会社と、薬品を混ぜて作り出すプロセス系(食品など)
大きく2つわかれます。
他社製品は、だいたい、組み立て加工系の実績が多いとか
プロセス系だけというのが多い中、同社のMcframeは両方の領域に対し、両方対応できるので
幅広く、多くの企業で導入頂いております。

その他、ASIAという製品は、海外拠点向けの会計、購買、販売パッケージです。
多言語、多通貨、多基準対応しており、
例えば、タイに工場を持っているが、タイに販社を立ち上げたい要望に
基幹システムを入れるのに1年かかりますでは、ビジネスのスピードが
追いつかない為、この製品は、タイにすぐ使える枠組みがあるので、
マスターデータだけ登録してすぐ立ち上げられ、2か月くらいで立ち上げられる。
野が特徴です。
導入実績は、東南アジア、アセアン地域が多い。
グローバル対応支援ができるパッケージです。
海外子会社内部統制の観点で、それぞれの国で別々の仕組みを
入れているのを統一したいニーズに対しても
ASIAはASPの形態でサービスを提供ているのでサーバーは日本にあるので
日本にデーターが集まり、日本の本社が直接データを見ることによって
海外の売り上げや利益状況をチェックできる。

【プロジェクト規模】
プロジェクト規模の4割が3000億円規模。
50%が1000億円。
SAPは、おおむね3000億円規模。
Mcframeは、1000~3000億円

大手・準大手、中堅企業がお付き合い。
ちょつと景気が悪くなったからIT投資やめたということはなく、
3年の中長期がある中でで、IT戦略があって
そこを議論するところから入って行って、
中長期でやるべきことに対して、今年度これをやりましょう
来季こういうことやりましょうと先を見据えた営業活動をして
上流でやりながら案件を受注していくスタイルです。
コンサルテーション、上流工程をメインに行いたい方には
やりがいのある仕事、案件を提供できると思います。

【強み】
・プライムで仕事ができる
・モノづくりの仕組みを知っている
・グローバル展開している(プロジェクトもある)
・ITのプロジェクト遂行力
・自社開発製品を生み出すIT技術力がある

【今後について】
企業理念、ビジョンとしてB-E-G3.0を目指すと謳い活動している。
SAPを中心としてSIのビジネス
Mcframeを中心としてライセンスビジネス
ここまで立ち上がってきている。

今後は、クラウド、SAAS、IoT、ここを3つ目の事業の柱に
育てていくのに2020年度には3本柱になるよう取り組んでおります。

【退職金制度について】
退職金制度は、ございません。
毎年基本給の1か月分を夏、冬の賞与に別で載せて
前払いでお支払する制度を設けている。
退職金前払い制度になります。

【有給取得について】
年次有給休暇を初年度から20日支給している。
キャリア採用の方でも、基本20日あればある程度休めると
入社された方々から特に30代、40代の方々から喜ばれている。
前年度の有給取得率は75.4%。
全体でだいたい14~15日は取得しお休みを取られている。

【残業時間について】
残業時間は、平均30h。
メリハリは付けて働くスタイルの会社です。

コンサルタント(MCFrame)

コンサルタント 石山 元善

募集要項

職種 IT系/ITコンサルタント、IT系/パッケージ導入・システム導入
年収 600万円~1000万円
勤務地 東京都
応募資格 【必須】
基幹システム開発プロジェクトにおいて、コンサルタントまたはSEとしての経験が5年以上ある方。
生産・販売・購買・原価管理、物流のいずれかについての業務知識がある方。

【歓迎経験】
製造業向けのERP導入プロジェクトやシステム開発の経験がある方。
ユーザー企業(特に製造業)でのERP導入プロジェクトの経験がある方。
学歴 不問
雇用形態 正社員(期間の定めなし)
勤務時間 09:00-17:30
[実働時間] 07時間30分
[残業時間] 20~30
※フレックス制あり
(コアタイム:10:00~16:00)
休日・休暇土、日、祝日
年間休日 120日
夏季休暇
有給最高日数:40
待遇・福利厚生寮、その他待遇・福利厚生
・退職金の前払い制度 (1ヶ月分の給与を12分割して毎月お支払いしております) 厚生施設 退職金
健康保険、厚生年金、労災、雇用保険
通勤交通費(全額)

企業情報

企業名非公開
業種・資本 IT・通信系(システムインテグレータ)
ヘッドオフィス : 国内

コンサルタント(MCFrame)

  • IT系/ITコンサルタント、IT系/パッケージ導入・システム導入
  • 600万円~1000万円
  • 東京都