海外就職について

Q.海外勤務をするにあたり、ビザは必要なのでしょうか
A.

ビザは、外国人が入国し、一定期間滞在して何らかの活動をすることを、国が許可する証明書です。観光ビザ、学生ビザ、労働ビザなどがございます。国によってビザの種類は細かく分かれ、名称もさまざまですし、取得するために必要な条件も様々です。日本人が海外旅行をする場合、ビザ取得が免除されている場合が多いため、なじみがないかもしれませんが、通常外国を訪れる場合は、目的に合わせて必要な書類を準備し、ビザを取得しなければなりません。
海外で就職して働くには、労働ビザなど、その国での労働が認められているビザが絶対に必要です。取得するには、まず雇用主に雇用を保証してもらい(スポンサーとなってもらい)、申請手続きを行います。各国ごとに、学歴や職務経験、能力などの取得条件が異なりますので、それぞれの大使館にあるビザの担当部署に確認した方が良いでしょう。最近でもシンガポールのビザ取得条件が変わるなど、ビザ発給のルールを定めている移民法はよく改正されますので、最新情報を得ることが大切です。最近ではウェブサイトに情報掲載されている場合もありますので、検索してみても良いと思います。

よくある質問 に戻る

各領域に精通したコンサルタントが、あなたと企業のベストマッチを創ります

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります