海外就職について

Q.海外での就職と海外赴任とは違うのですか
A.

日本の企業が、海外に設立した支店あるいは現地法人(その国に登記された法人)に、日本の本社から人を派遣した場合、その人は「海外駐在員」となります。駐在員は赴任時に任期が決まっている場合が多く、その任期が終わると日本に戻るのが一般的です。もちろん給料は日本法人から支払われますので、日本の給与水準となります。駐在員の多くは、在籍している社員の中で優秀だと認められた方が選出されるのが普通であるため、中途採用での「駐在員募集」という求人はほとんどありません。
一方、「海外での就職」とは、(日本企業の支店や現地法人を含め)海外にある会社に、現地勤務を前提として直接採用されることを指します。ほとんどの場合、現地での給与水準によって支払われますので、給与や待遇においては駐在員と海外就職者ではかなり格差がでてしまいます。

よくある質問 に戻る

各領域に精通したコンサルタントが、あなたと企業のベストマッチを創ります

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります