第二新卒について

Q.「第二新卒」の対象となるのは何歳までですか
A.

「第二新卒」の定義については諸説ありますが、代表的な説は2つです。

  1. 1.一般的に、就業経験を「キャリア」と呼ぶには、同一職種において丸3年以上の経験が必要だと言われているので、そこから「社会人経験3年未満の若手求職者」を指しているという説。経験はないものの、社会人として基本的なビジネスマナーを備えている方と言い換えることができるのではないでしょうか。ここから考えると、キャリアチェンジ(例えば、営業職→経理職への転職)はすべて第二新卒という定義に該当してしまいます。裏をかえせばキャリアチェンジは第二新卒でなければ実現が難しいとも言えます。
  2. 2.給料、入社日、入社時の等級などすべてが新卒と同じ扱いで採用することを指しているという説。新卒ではないが、採用は新卒と同じというパターンです。1の場合は社会人としての経験は選考段階で評価されるのですが、この場合は完全なるポテンシャル採用ですので、選考基準も新卒採用と同等の場合がほとんどです。
よくある質問 に戻る

各領域に精通したコンサルタントが、あなたと企業のベストマッチを創ります

各領域に精通したコンサルタントが、
あなたと企業のベストマッチを創ります