【無料体験セミナー】SDGs × ”IKIGAI” ~ビジョンにもとづく若手人材の育成を通して会社組織に変革を起こす~

IKIGAI Compass体験セミナー! 新卒3年目・4年目向けセミナーを、今だけ人事・教育ご担当者様がお試し体験できます。 自社の若手人材育成にご活用ください。

IKIGAI Compassとは・・・ 新卒3年目・4年目の方を対象とした研修プログラム。 自分自身を見つめなおし、仕事に対するビジョンとSDGs・社会とのつながりを考察し、個人の働き甲斐を高めます。 主体性をもってリーダーシップを発揮してもらうことにより、企業としても生産性・業績向上につなげることのできるプログラムです。

3年3割。20年前から変わらない新卒社員の離職率です。以前と異なるのは期待している優秀な人材ほどやりたいことを外の世界にチャレンジを求めて離職している。このような現状はありませんか。多くの会社は、若手向けのトレーニングをしていますが、本人の内発的な動機がない状態で、どんなに良い研修を用意しても意味がありません。先行き不透明、不確実(VUCA)の時代に、企業が継続的に成長していくためには、一人ひとりのビジョン、やりがいが業務を通して実現されている状態を作り出すことが求められます。

非常にユニークなアプローチで展開される今回の研修の内容を、まずは人事や教育のご担当者様にご体験いただくことでイメージを持っていただけると考え、オープンセミナーを開催することになりました。課題の本質に迫るこのプログラムを活用していただくことで、若手社員が主体的に行動できる組織カルチャーを醸成しませんか。

  • 厚生労働省「新規学卒者の離職状況」より

定員に達したため、お申込みを締め切りました。

こんな方におすすめ

  • 主体性をもって会社の未来を考えられる次世代リーダーを育成したい人事・採用・研修担当者、経営者の方々
  • 経営企画・戦略、新規事業開発、組織変革をされている方
  • SDGsを軸にした組織文化の醸成に興味・関心がある方

プログラム

1VUCA時代における企業の持続的繁栄と求められる人材とは
2若手社員の意識と組織から見たGAP
2IKIGAI Compassについて

登壇者プロフィール

小杉山 浩太朗

小杉山 浩太朗 アデコグループ Head of SDGs, Japan
ニューヨーク大学(NYU)在学中に、「ダイバーシティ&インクルージョン」が持つ国際問題解決への可能性に着目。大学機関のダイバーシティボードのメンバーや委員長として活動。
学外でも国連本部での様々な取り組みに参画。グローバル化の中における新しい生き方(IKIGAI/SDGs)や教育、ユースのあり方などに関して、日本、アメリカ、カナダにおいてのべ2000人以上の学生やビジネスリーダーなどに対して講演。
2019年には、世界のユースリーダーの代表として国連総会議長より国連本部における各国大使とのパネルに招待されている。
2020年2月にNYUの全学生2万6000人超から初代キング牧師記念チェンジメーカーアワードの受賞。同年5月の卒業後、7月にアデコグループジャパンCEOよりDiversity&SDGs Leadに任命され、半年間でSDGsを根幹に反映した5カ年中期経営戦略の策定。2021年からは社会 変革企業としてVUCA時代、そしてその先の未来にあるべき企業の姿を社内外に示すためにHead of SDGs, Japanとして日本およびスイスの国際本部及びアデコ他国拠点を対象に活動している。

  • プログラム内容は予告なく変更となる場合がありますのでご容赦ください。
  • フリーメールでのお申込み、同業者の方のご参加はご遠慮いただいております。あらかじめご了承ください。

イベント概要

タイトル SDGs × ”IKIGAI” ~ビジョンにもとづく若手人材の育成を通して会社組織に変革を起こす~
開催日時 2021年9月29日(水)17:00~18:30
場所 Webセミナー 参加方法はこちら
※ワークショップ体験がありますため、ビデオONでのご参加をお願いする場合があります。予めご了承ください。
対象者 企業の人事・管理職・人材組織変革プロジェクトのご担当者様
参加費 無料
お申し込み締切 開催日前日までお申し込みを受け付けています。
2021年9月28日(火)
  • フリーメールでのお申込み、同業者の方のご参加はご遠慮いただいております。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ先

IKIGAI Compass事務局
ADE.JP.IKIGAICompass@jp.adecco.com

セミナー・イベント に戻る

欲しいのは「求職者」より「究職者」。専門性を追究したコンサルティングで企業の成長に貢献します

欲しいのは「求職者」より「究職者」。専門性を追究したコンサルティングで企業の成長に貢献します