お悩みランキング調査結果

2012年から始まった“アベノミクス景気”は現在も続き、マーケットは売り手市場となっています。拡大を続けるIT専門職、好景気により引く手あまたの営業&マーケティング職、会社設立や新規上場に伴い人材が必要となる管理部門、企業が求める経験値を備えた人材が足りていない医療・研究開発の専門職職。職種により求人増加の理由は様々です。同様に「よい人材が採用できない」理由も、職種によって異なります。

採用担当者が抱える「よくある悩み」とは

人材採用にあたり、各企業の採用担当者がどのような悩みを抱えているのか。日々、採用担当者と向き合っている自社コンサルタントにアンケートを行ったところ、以下のような結果がでました。

採用担当者が抱える「よくある悩み」

75%:応募が全然来ない 71%:選考の途中で辞退されてしまう 64%:「希望の人材」からの応募が少ない 36%:採用が長期化してしまう 31%:転職回数が多い人材の採用を迷う	20%:採用コストが予算に収まらない 18%:採用後に定着しない(早期退職) 18%:採用がうまくいかない理由を分析したい

出典:Spring転職エージェント2018年8月実施アンケート結果より

「応募が来ない」「選考の途中で辞退されてしまう」「ウチに合う人、希望の人材からの応募が少ない」が上位3つとなりました。これは、どの職種でも共通する悩みでした。

職種別で異なる「採用の悩み」と「解決策」

ただ、職種別にアンケートを集計してみると、職種ごとに特長的な悩みが見えてきました。各職種で異なる採用の悩み。各々どのように解決すればよいか、業種・職種に精通したSpring転職エージェントのコンサルタントが答えます。

【営業・マーケティング】 どの企業も欲しがる営業・マーケティング職は「採用が長期化してしまう」傾向

採用が長期化する

好景気が続き、どの企業も人材を必要としている営業・マーケティング職。そのため求人数が多く、採用が長期化してしまうようです。採用で大切なのは、スピード感。長期化を避けるための極意を、営業&マーケティング紹介部のコンサルタントが紹介します。

詳しくはこちら

【人事・総務】 信頼の置ける人を雇いたい、その志向が「転職が多い人材の採用を迷う」結果に

転職が多い人材の採用を迷う

好景気による企業の設立や新規上場に伴い、需要が拡大している管理系職種。個人情報を取り扱う人事、財務を担当する経理など、繊細な部分を受け持つだけに信頼の置ける人を探したいと企業は考えます。しかし、これが採用難を招くことに……。人事&総務紹介部の担当コンサルタントが、対応策を語ります。

詳しくはこちら

【ITエンジニア・クリエイティブ】 若い業界だからこそ表面化する、「希望の人材がいない」という悩み

希望の人材がいない

IT業界は猛スピードで成長してきた若い分野だけに、企業が求める経験レベルと経験者の数が釣り合わず、採用担当者は頭を抱えてしまうことでしょう。その対策について、ITエンジニア・クリエイティブ紹介部のコンサルタントが語ります。

詳しくはこちら

【バイオ・製薬・化学・医療機器】 専門的な知識が必要な業界の悩み「選考の途中で辞退されてしまう」

選考の途中で辞退される

経験が重要視される医療・研究開発の世界では、中途採用の人材不足が恒常的に発生しています。中でも「候補者に選考の途中で辞退されてしまう」と悩む企業は、とても多いのです。医療業界に精通するコンサルタントが示す、その改善策とは?

詳しくはこちら

企業と求職者の双方に寄り添うSpring転職エージェント

「採用が成功しない」「いい人材を採れない」、状況は理解していても原因に気づくことはなかなか難しいものです。Spring転職エージェントでは、各職種に特化し業界の実情を把握しているコンサルタントが、採用をお手伝いします。企業と求職者の双方を担当する一気通貫型の「360度式コンサルティング」で、スピードアップと細やかなケアを実現。専門家の声を聞くことで、採用への道は拓けます。

「360度式コンサルティング」が企業の人事に支持される理由とは

最新のセミナー情報、コラム等を受け取りたい方は、下記からメールマガジンを登録してください。

コラム に戻る

欲しいのは「求職者」より「究職者」。専門性を追究したコンサルティングで企業の成長に貢献します

欲しいのは「求職者」より「究職者」。専門性を追究したコンサルティングで企業の成長に貢献します