【アンケート結果】新卒の秋採用・通年採用の導入状況

新卒採用で注目されている通年採用・秋採用。「新卒一括採用」の時代から「通年採用・中途採用」に比重を置く流れが加速しています。
そこで、企業の人事担当者を対象に、通年採用・秋採用の導入状況、メリット・デメリットについてアンケートを実施しました。

今は「春採用のみ」が多いが、約3割が「通年採用」を検討中

アンケートを実施した人事担当者のうち、39.3%が今実施している新卒採用は「春採用のみ」と回答しました。次いで「春+秋+通年採用」が13.3%、「春+通年」が11.0%と続きます。
約3割が通年採用を導入済みであり、導入予定・検討中の企業も約3割いることから、今後、通年採用が一般的になる可能性がうかがえます。
また秋採用も、2割弱が導入済みで、約2割が導入予定・検討中という結果となり、一定数の導入が見込まれます。

新卒採用の時期
(単一回答 n=400)
春のみ	53.0% 秋のみ	2.0% 通年のみ	6.8% 春+秋	5.1% 春+通年	14.9% 秋+通年	0.3% 春+秋+通年	17.9%

「春採用」実施状況(企業規模別)
(単一回答 n=391)
全体 実施済み・実施が確定	67.5 実施予定	10.0 実施に向けて検討中	4.1 実施・検討してない	18.4 300人未満 実施済み・実施が確定	46.5 実施予定	11.9 実施に向けて検討中	3.0 実施・検討してない	38.6 300~1000人未満 実施済み・実施が確定	74.7 実施予定	8.1 実施に向けて検討中	3.0 実施・検討してない	14.1 1000人以上 実施済み・実施が確定	74.9 実施予定	9.9 実施に向けて検討中	5.2 実施・検討してない	9.9

「秋採用」実施状況(企業規模別)
(単一回答 n=391)
全体 実施済み・実施が確定	18.9 実施予定	11.8 実施に向けて検討中	12.0 実施・検討してない	57.3 300人未満 実施済み・実施が確定	8.9 実施予定	11.9 実施に向けて検討中	12.9 実施・検討してない	66.3 300~1000人未満 実施済み・実施が確定	23.2 実施予定	12.1 実施に向けて検討中	12.1 実施・検討してない	52.5 1000人以上 実施済み・実施が確定	22.0 実施予定	11.5 実施に向けて検討中	11.5 実施・検討してない	55.0

「通年採用」実施状況(企業規模別)
(単一回答 n=391)
全体 実施済み・実施が確定	29.4 実施予定	12.3 実施に向けて検討中	19.7 実施・検討してない	38.6 300人未満 実施済み・実施が確定	22.8 実施予定	10.9 実施に向けて検討中	17.8 実施・検討してない	48.5 300~1000人未満 実施済み・実施が確定	32.3 実施予定	18.2 実施に向けて検討中	17.2 実施・検討してない	32.3 1000人以上 実施済み・実施が確定	31.4 実施予定	9.9 実施に向けて検討中	22.0 実施・検討してない	36.6

秋採用のメリット・デメリットとは

秋採用を導入済みまたは導入が決まっている担当者へメリットを聞いたところ、「留学生や既卒者など、多彩な人材を採用できる」「春採用で内定辞退があった際に補完できる」という回答が多く、人材確保に利点を見出していることがわかりました。また、「人選に時間をかけられる」ことから、優秀な人材の見極めにもメリットを感じているようです。
一方、デメリットとして「採用担当者の負担が増える」「母集団を形成できない」など、獲得できる人数と作業負担・コストに強く懸念を持っていることがうかがえました。

秋採用のメリット
(複数回答 n=74)
留学生や既卒生など、多彩な人材を採用できる	47.3 内定辞退があった際に、補完ができる	40.5 内定辞退率が低い	36.5 外資系企業に遅れることなく、優秀な人材を採用できる	29.7 人選に時間をかけられる	29.7 学生と向き合う機会が増える	28.4 競争率が低い	16.2 その他	1.4 メリットはない	9.5

秋採用のデメリット
(複数回答 n=74)
採用担当者の負担が増える	41.9 志望者の数を予測できない	37.8 採用コストがかかる	37.8 内定辞退されると、補完ができない	29.7 母集団を形成できない	24.3 春採用の内定辞退者が増える	20.3 その他	- 課題はない	12.2

通年採用のメリット・デメリットとは

通年採用を導入(予定)しているの担当者が、メリットとしてTOPにあげているのは「人材が必要な時に採用できる」で、半数以上の回答者が利点の1つだと回答しました。また、採用時期が決まっていないため、「早い時期から学生に働きかけできる」ことにも魅力を感じているようです。
秋採用のメリットとしてTOPにあげられていた「留学生や既卒者など多彩な人材を採用できる」は、通年採用では3番手に落ち着き、時期を見て優秀な人材を確保するのではなく、”欲しいときに欲しい人材を”と考えて通年採用を導入しているようです。
しかし、4割以上がデメリットとして「採用担当者の負担が増える」「採用コストがかかる」と回答し、工数とコストの負担が大きな課題であることが分かりました。

通年採用のメリット
(複数回答 n=115)
人材が必要な時に採用できる	54.8 早い時期から学生に働きかけできる	46.1 留学生や既卒生など、多彩な人材を採用できる	33.9 内定辞退がでても、すぐに補完できる	28.7 人選に時間をかけられる	26.1 外資系企業に遅れることなく、優秀な人材を採用できる	18.3 数合わせのための内定出しが不要	16.5 その他	- メリットはない	7.0

通年採用のデメリット
(複数回答 n=115)
採用担当者の負担が増える 45.2 採用コストがかかる 40.0 優秀な人材の取り合いになる 25.2 一括採用に比べ、効率が悪い 21.7  内定辞退が増える 20.9 知名度やブランド力がある企業が優位になる 19.1 その他 0.9 課題はない 14.8

秋採用・通年採用を導入しない理由は「学校の卒業が春」だから

春採用のみを実施していると回答した担当者へ、秋採用・通年採用を導入しない理由を聞いたところ、全体の約6割が「学校の卒業が春のため」と回答しました。「採用スケジュールの見直しが発生する」「必要性を感じていない」という回答もあり、”卒業に合わせての採用”を主体として考えていることがうかがえます。

秋採用・通年採用を導入しない理由
(複数回答 n=154)
学校の卒業が春のため	62.3 採用担当者の負担が増える	43.5 採用スケジュール全体の見直しが発生する	37.7  コストが増加する	28.6 採用が長期化する	22.7 必要性を感じていない	19.5 秋・通年採用の採用手法が不明	15.6  他社が春採用メインのため	13.6 母集団の形成が難しいため	13.0 優秀な人材の取り合いになるため	7.1

秋採用・通年採用を導入したら、新卒採用活動は容易になる?

秋採用・通年採用を導入した場合、採用活動が容易になるかという問いに、大多数が「どちらともいえない」と回答しました。
ただ、わずかならが「難しくなる(なった)」「どちらかといえば難しくなる(なった)」が、「容易になる(なった)」「どちらかといえば容易になる(なった)」を上回りました。

秋採用を導入した場合、採用活動が容易になるか
(単一回答 n=391)
全体 容易になる(なった)	2.8 どちらかといえば容易になる(なった)	14.1 どちらともいえない	59.1 どちらかといえば難しくなる(なった)	13.3 難しくなる(なった)	10.7 300人未満 容易になる(なった)	3.0 どちらかといえば容易になる(なった)	11.9 どちらともいえない	65.3 どちらかといえば難しくなる(なった)	10.9 難しくなる(なった)	8.9 300~1000人未満 容易になる(なった)	3.0 どちらかといえば容易になる(なった)	14.1 どちらともいえない	57.6 どちらかといえば難しくなる(なった)	11.1 難しくなる(なった)	14.1 1000人以上 容易になる(なった)	2.6 どちらかといえば容易になる(なった)	15.2 どちらともいえない	56.5 どちらかといえば難しくなる(なった)	15.7 難しくなる(なった)	9.9

通年採用を導入した場合、採用活動が容易になるか
(単一回答 n=391)
全体 容易になる(なった)4.1 どちらかといえば容易になる(なった)16.6 どちらともいえない56.8 どちらかといえば難しくなる(なった)13.3 難しくなる(なった)9.2 300人未満 容易になる(なった)4.0 どちらかといえば容易になる(なった)15.8 どちらともいえない64.4 どちらかといえば難しくなる(なった)7.9 難しくなる(なった)7.9 300~1000人未満 容易になる(なった)2.0 どちらかといえば容易になる(なった)15.2 どちらともいえない53.5 どちらかといえば難しくなる(なった)17.2 難しくなる(なった)12.1 1000人以上 容易になる(なった)5.2 どちらかといえば容易になる(なった)17.8 どちらともいえない54.5 どちらかといえば難しくなる(なった)14.1 難しくなる(なった)8.4

今後の採用活動は「春・通年採用が一般的になる」がTOP

今後の新卒採用活動は、「春+通年採用が一般的になる」と2割が回答。次いで「春+秋+通年採用」「通年採用のみ」と続き、将来的に通年採用の導入が見込まれる結果となりました。
一方、「現状の春採用のまま」と回答する担当者も13%存在し、「わからない」とする回答者が23.8%と最も多いことからも、大学の卒業時期の影響が強く、まだ様子見としている企業が一定数いることが分かりました。

今後の新卒採用時期
(単一回答 n=391)
春+通年	20.2 春+秋+通年	16.6 通年	14.6 春のみ	13.0 春+秋の2回	9.2 秋のみ	1.3 その他	1.3 わからない	23.8

【アンケート結果】第二新卒・既卒の採用状況

第2新卒・既卒の採用状況について、人事担当者へアンケートを実施しました。

詳細はこちら

数ではなく“質”を重視した学生を紹介

Spring就活エージェントは、20年以上かけて構築した各方面へのネットワークを強みに、他エージェントと差別化した学生層の獲得を実現しています。一部の大学には弊社のスタッフが常駐している他、代々のサービス利用者の方々からのリファーラルも盛んです。

最新のセミナー情報、コラム等を受け取りたい方は、下記からメールマガジンを登録してください。

コラム

コラム に戻る

欲しいのは「求職者」より「究職者」。専門性を追究したコンサルティングで企業の成長に貢献します

欲しいのは「求職者」より「究職者」。専門性を追究したコンサルティングで企業の成長に貢献します