急な内定辞退。入社まで残り3カ月で採用に成功

実際にサービスをご利用いただいた企業さまのケースを例に、ご利用の流れや当社のサービス内容について、ご紹介します。 (以下の流れはあくまで一例です。細かいサービスフローは案件ごとに変わる場合がございます)

お客さまの課題・ご相談の背景

順調に新卒採用活動を終えたものの、年末になって急に内定者の辞退が発生。
新卒採用を再開するには、業務的にもコスト的にも負荷がかかることや、時期的に希望する人材が集まるか不安があったものの、優秀な人材が採用できるのであれば採用したいと考えていました。

お客さまのニーズ

  • 採用活動終盤だが新卒採用を行いたい。
  • 業務負担は最小限に抑えたい。
  • 無駄な出費は抑えたい。
  • コミュニケーション能力に優れた人材を採用したい。
  • 英語に強い学生に関心がある。

ご利用いただいたソリューション

成功報酬型の新卒紹介サービス

採用する場合にのみコストが発生する成功報酬型で、無駄な出費の抑制ができるサービスをご提案しました。

海外からの帰国学生にピンポイントでアプローチ

採用活動終盤期の就職活動者は、公務員や内定企業からの転進を志望する学生、海外留学からの帰国学生が中心。
英語に強い人材に興味をおもちだったため、海外から帰国後、就職活動を開始した学生を中心に応募の促進を行いました。

サービス利用の効果

優秀人材の採用に成功

留学先からの帰国学生のうち、お客さま企業に興味をもった数人に対して弊社が1次スクリーニングを実施。
特に希望する要件に当てはまると判断した3名を推薦。お客さま側にて面接した結果、うち1人の入社が確定しました。

業務負荷の少ない採用プロセス

募集から内定までの間、弊社との打ち合わせと2次・最終面接のほか、お客さまには業務負荷が発生しませんでした。

関連事例

活用事例 に戻る

欲しいのは「求職者」より「究職者」。専門性を追究したコンサルティングで企業の成長に貢献します

欲しいのは「求職者」より「究職者」。専門性を追究したコンサルティングで企業の成長に貢献します