アデコグループのスプリング転職エージェント

Consultant Profile MASASHI KUNIMOTO 先生方が医術のプロであるように「転職のプロ」として医療に貢献してゆきたい

国本 昌志

専門・担当領域:臨床医・看護師

医療従事者専門の転職エージェント勤務を経てSpring転職エージェント(アデコ株式会社)に入社。ドクターの転職支援をメインに担当。北海道から沖縄まで日本全国数千の病院を回り、優秀なドクターをヘッドハンティングする。これまで100名以上に及ぶドクター紹介実績から病院側との信頼関係も厚く、「私が一次面接官というつもりでいますし、採用側にも私が推薦した以上は信用していただきたい」と言い切る経験と信念を持つ。

コンサルタントの視点 Consultant Viewpoint

都市部ではスペシャリスト、地方ではゼネラリストを求められる傾向

全ての科目で医師の偏在が目立っています。地方では病院自体が少ないので、受け持つ医師は幅広い症例を診るゼネラルな対応の必要が生じます。一方、都市部ではいわゆる「ブティック型」と呼ばれる、難しい症例や難病など専門分野の突き抜けたスキルが求められることが多いです。ドクターが開業される平均年齢は41才と言われています。開業するか、都市部で専門性を深めていくかなど、ご自身の今後の道を見つめ直されるタイミングで、ぜひご相談をいただければと思います。ご専門や今後のビジョンを尊重した上で、ご自身では気づかれていない可能性も含め、活躍のステージをご提案させていただきます。

超高齢社会に伴い「老年医療」の医師需要が増えている

病院によってニーズはさまざまで「どの科が足りない」とは言い切れませんが、超高齢社会に伴い「老年医療」に該当する診療科や訪問診療医、お年寄りは腰やひざなどの疾病も多いため脊椎や関節がご専門の先生など、このキーワードを柱に付随してくる科目はどの病院も医師の需要が高まっています。また、医療スキルに加えて対人折衝能力・コミュニケーション力の高いドクターの有無は病院が支持されるかどうかに直結するため、患者さんのリピート率が高いドクターはどの病院診療科においても評価されています。

求職者へのメッセージ Message to Job Seeker

医術のプロに誠心誠意向き合い、転職のプロとして
医療に貢献したい

採用側である病院のニーズ、ひいては「患者さんのためになる医師」を的確に見極めた上でお声がけしております。いつもドクターにお会いする際は、私自身が一次面接官のつもりでお会いしています。正直に申し上げて、実際にお会いしてから、お断りすることもありました。それは採用側のニーズを誰より把握しているという自負があるためです。採用側の病院に本当に喜んでもらって初めて、その先生も活躍できて、仕事にやりがいを感じることができる。そしてそれが地域の患者さんへ満足度の高い診療として返っていく。このサイクルを作ることが私自身の喜びでもあります。「お医者さん」にかかったことのない人ってあまりいないですよね。では患者側から見た医師のイメージは実際どうでしょうか?「この先生に診てもらってよかった」と心から思える医師にかかったことのある方はどのくらいいるでしょうか。そう思える患者さんを、私が仕事にかかわることによって少しでも増やして行きたいと考えています。また、地域医療に貢献したい、ドクターヘリに搭乗するフライトドクターがしたい、先端医療で専門性を活かしたい、などドクターが持つ ”志” に誠心誠意向き合い、そのお手伝いをしたいと考えています。

転職事例のご紹介

Case 1man過疎地域の老年医療に
一生を捧げる覚悟を持ったドクター
40代(男性)

整形外科クリニック
整形外科専門医:年収1,800万円
地方総合病院
整形外科部長/副院長:年収3,300万円

地方総合病院の整形外科部長ポストの需要があり、都市部整形外科クリニックに勤務医として勤めていたドクターにお声がけしました。地域医療に貢献するべく、過疎地域の老年医療に一生を捧げる覚悟を持った、大変情熱のある先生であり、自信を持って病院にご紹介させていただきました。着任後は副院長も兼任され、ますますご活躍されています。

Case 2man子どもは不調を伝えられない。
子どもの痛みと親の不安を取り除きたい
30代(男性)

一般病院
小児科医:年収1,500万円
小児科クリニック
院長:年収2,200万円

小さいお子さんは自分の不調を上手く伝えられません。親御さんも、子どもを病院に連れてきてパニック状態になっていることもあります。小児科に見られるこのような状況の中でこちらの先生は、体調や経緯についての情報をどう引き出すか、どのように診断内容や、治療方法を伝えられるか、患者さんやご家族の不安や疑問をどう取り払えるかについて常々腐心されている先生でした。ご縁あって小児科クリニック院長のポストにお声がけさせていただきました。患者さんの目線を大変大切にされており、ご紹介先の小児科クリニックでも、「子どもが体調の悪いときはまず先生の顔を思い出す」と、患者さんに信頼されています。

Spring転職エージェントサービス

Spring転職エージェントでは、転職活動時だけでなく、長期的にあなたのキャリア構築をサポートするライフパートナーとして、サポートしております。転職をお考えの方は、ぜひSpring転職エージェントで、よりよい転職を実現してください。

無料登録はこちら