アデコグループのスプリング転職エージェント

求人情報を探す:職種/エリア別求人動向と求人情報 海外就職・外資系の求人動向詳細

海外・外資系企業の求人動向

アデコ株式会社
コンサルタント
橋本 陽平

2014年5月
今、採用ニーズがあるのは?
「海外就職では日系の自動車・サービス業界。外資企業の日本参入では管理系、営業系」

●海外では「日本村」での働き手が、国内では日本法人設立に関わる求人が増加

グローバル化の加速や景気回復に伴って、海外での就職や外資系の求人が活発になりはじめました。日系企業は海外進出を目的とした積極的な採用活動を開始しています。例えば、国産車メーカーが海外に工場を建てると、その周辺企業も一緒に海外展開を進めるというように連鎖的に海外展開が発生します。さらに日系の銀行やスーパー、外食産業なども後を追って工場周辺に進出するため、現地ではいわゆる「日本村」が形成されます。そのため今、この「日本村」で働く人材が求められている状況です。


一方、外資系企業の日本での求人も増えています。円安や日本の景気回復に伴い、医療・製薬やITといった代表的な業界だけでなく、太陽光発電に関連した業界や、その他のさまざまな企業が日本へ進出しており、新たに日本法人の設立を進めようとする外資系企業の動きも見られます。日本で会社をスタートアップする企業で、管理部門や営業系のニーズが高まっています。

●外資はやはり経験重視

外資系の企業風土は内資系に比べてオープンで、転職回数の多さをマイナス評価とすることが少ないです。働き方も自由で、裁量労働制を採用し、パフォーマンスが良ければ勤務時間や働く場所も問われないことも見受けられます。また、新卒入社と中途入社で扱いに差が生じることもありません。新卒中心採用という概念が内資ほど強くないので、前職で培ったスキルや能力を査定し、スペシャリストとして採用するのが一般的です。従って、外資系への転職を希望する場合は、同業界同職種の仕事を探すことが堅実です。

とはいえ、異業界または異職種へチャレンジの余地がない訳ではありません。日本における歴史が長い外資系だと、日本の人事制度に倣って若手を大量に一括採用しているところもあります。そうでなくても、最近は求人過多で人材が集めにくくなっていることから、採用のハードルは下がりつつあります。応募要件と多少合わない場合でも、トライすれば採用される可能性があります。外資系での就業経験がない方でも、例えば、日本で法人を運営するために必須な経理や人事、総務において豊富な実務経験があり、英語による業務上のやり取りが可能であれば、挑戦してみてはいかがでしょうか。

求められる資格は、USCPAなど専門業務に就ける資格となります。ただし、日本の資格が海外では通用しないこともあるため、法律などで義務づけられている資格を除けば、実務経験がより重視されます。待遇面では、給与では内資に比べやや割高ですが、その代わり身分の保障や福利厚生面が薄い傾向があるので、事前にきちんと確認するとよいでしょう。

●今熱いのは東南アジア 海外就職は雇用形態に注意

海外での就職では、数年前まで中国を中心とした北東アジアが主流でしたが、中国経済の伸びの鈍化や、外交上の関係が理由で、北東アジア以外のさまざまな国での就職機会が目立つようになりました。現在は、東南アジアにてタイ、インドネシアなどへの求人が増加しており、さらにフィリピンやカンボジアも伸びてきています。ミャンマーは進出が加熱していますが、まだインフラが整っておらず、工場建設なども一時の過熱状態からは鈍化しています。他エリアでも中南米、アフリカ、中東からのニーズも増加しています。

海外で働く場合、雇用形態が現地採用と日本国内での採用で大きく異なります。現地採用の場合はその国の物価水準に合わせた給与・待遇となります。一方、日本で採用されて出向される場合は、日本国内での標準的な給与が期待できるうえ、滞在国の物価水準で生活することになるので生活費が安くなる可能性があります。さらに海外出向手当てなども加算されるので、現地採用よりかなり恵まれた待遇となります。自分がどの雇用形態で採用されるのかを確認するようにしましょう。

●景気回復や東京五輪で今が転職のチャンス

グローバル化の流れは、もはや止まることはないでしょう。特に自動車産業では、海外売上比率が国内を上回るなど、海外進出が進んでいます。また、円安、景気回復、東京五輪の効果で、外資系企業は日本市場に再び目を向けています。転職するならば今がチャンスです。語学力に不安を感じている方が多く見受けられますが、実際に企業が求めているのは、語学力よりむしろタフネスさやポジティブさです。
海外志向があり、積極的に働ける方、自分から何かを始められる方をお待ちしております。また日本においてグローバル環境に身を置きたい方は、外資系企業のスタートアップステージ企業や、大手優良企業をお勧めします。転職の売り手市場の今の時期に、ぜひSpring転職エージェントを使って夢を叶えてください。

海外・外資系企業の求人動向バックナンバー

外資系企業、海外への転職なら

人財サービスのグローバルリーダー「Spring転職エージェント」にお任せください。世界60の国と地域に展開するSpring転職エージェントだからこそ、ご紹介できる企業、ポジションの求人があります。英語力を生かして、グローバル企業での海外事業の仕事を探されている方も、ぜひご相談ください。

Springに登録(無料):新しくウィンドウが立ち上がります