アデコグループのスプリング転職エージェント

求人情報を探す:注目企業の求人情報:注目企業

株式会社VSN

さまざまな技術シーンで活躍しているVSNが各種エンジニアを募集

  • 会社情報
  • キャリアパス
  • トレーニング カリキュラム
  • 社員インタビュー

多くの研究分野に触れて広い視野を持つ研究者に ケミストリー研究員 園田 麻裕さん

理工学部を卒業後、2007年に新卒で臨床検査関係企業に入社。1年半の営業経験を経て、かねてからの希望であった研究職に就くために退職し、転職サイトでVSNの情報に出会う。会社説明会で雰囲気の良さ、充実した環境に魅力を感じ、入社を決めた。現在は大学の研究室で燃料電池の触媒の研究プロジェクトの業務を担当している。

―希望する研究職をVSNで実現

大学の理工学部を卒業後、私は新卒で臨床検査関係の企業に入社しました。職種は営業職だったのですが、就職活動時の希望でもあった研究・分析の業務をやりたい気持ちが強くなって、入社から1年半が経ったころに転職することを決めました。

転職先を探す際に、雇用形態に関する理解があまりなかったので“派遣”という言葉に対する抵抗や疑問が少なからずありました。VSNの説明会に参加して、条件面での不安もない特定派遣の内容を知ると同時に、女性が働きやすい職場であるVSNの魅力を知ることができ、入社を決めました。


―広い視野を持つ研究者になるために

VSNに入って、今は燃料電池の触媒の研究プロジェクトで業務を担当しています。希望していた研究や分析といった仕事なので楽しさを感じると同時に、特定派遣ならではのメリットも感じています。

たとえば、私は大学で化学合成をやっていましたが、一般企業の社員であれば一つのフィールドでの業務に限られてしまいがちです。しかし、合成には医薬品分野も材料分野も、もちろん現在担当している触媒という分野もあります。特定派遣であれば、一つの研究業務に対していろいろな視点を持つことができるという利点があります。広い視野を持った研究者を目指せるという点にも、VSNで働くことの意義があるのではないでしょうか。

―小さな取り組みが大きな価値につながる

最近は、社内で行われる研修にも積極的に参加しています。使ったことのなかった液体クロマトグラフィーも扱うことができました。日々の業務や研修を通じて新しい知識を吸収できる充実した毎日を過ごしています。今はまだ、自分がどの業務分野を追求するべきかは見えていませんが、いろいろな世界に触れることができるこの環境で、知識の「広さ」と「深さ」のバランスを取りながら成長したいと思っています。

現在の研究プロジェクトは大学の研究室で教授を中心に、企業や財団法人の方々と共同で進めているものなのですが、ときにコミュニケーション不足や意思の疎通の部分で問題が生じてしまうことがあります。その状況下で考えたのは、現場に常駐する私たちがコミュニケーションをとる相手を少しずつでも増やしていくことで、現場の業務が改善されていくかもしれないということ。そして、そうしたアクションの積み重ねが、バリューチェーン・イノベーターにつながるのだと思っています。課題解決のために、小さなことからでも着実に取り組んでいきたいですね。

※所属、プロフィール、記事内容は取材当時のものです

VSNの求人情報を探す

Spring転職エージェントの転職支援サービス

非公開求人80% 公開求人20%

掲載されている求人は、Spring転職エージェントが取り扱っている求人のごく一部です。
非公開の求人も多数ご用意しています。あなたのご希望をうかがったうえで、経験豊富なコンサルタントが、最適な企業をご紹介します。
転職をお考えの際は、ぜひSpring転職エージェントの転職支援サービスをご利用ください。

Springに登録(無料):新しくウィンドウが立ち上がります