アデコグループのスプリング転職エージェント

日系企業の転職術 vol.002転職の準備術

誰にでも一度や二度、転職を考えるときがあります。そのまま転職活動を始めるもよし、思いとどまるもよし。考え抜いたうえで、転職活動を行う決心をされた皆さま、転職の準備術をもとに後悔しない転職活動にしましょう。

転職の目的を考える

転職を決めたとき、まず明確にしておきたいのは転職をする目的です。
職種を変えて再出発するのか、自分のスキルを生かしてステップアップするのか、目標を立ててそれを達成させるのか、など転職の目的は人それぞれです。自分が転職する理由や希望を紙に書き出し、優先順位を決めましょう。
合わせて、目標を明確にすることも重要です。
漠然とした目標を立てて転職をしても、達成に結びつくまでのプロセスがイメージできずに失敗してしまう可能性があります。何をしたいのか、そのために自分がどう動くのかまで具体的にイメージできれば、転職を成功に導くことができるでしょう。

現状を知り、将来のキャリアを考える

転職にあたっては、今まで自分がどのようなキャリアを積んできたのかを見直すことが大事です。
いわゆるキャリアの棚卸しです。この作業を行うことで、自分の持っているキャリアやスキルを客観的に把握することができます。また、自分がどこに重点を置いて次の仕事を探すべきかを明確にすることにもつながるでしょう。
仕事において自分が何を得意としているか、また苦手としているかも転職先を選ぶ大きな指針となります。強みと弱みが明確になれば、いざ面接の際にも強みについて自信を持ってアピールすることができます。アピールするときは簡潔かつ具体的に示すことがポイント。わかりやすく自分の強みや価値を伝えられる人材は、企業としても目に留まるものです。
アピールポイントとして示しやすい代表例は、以下の5つです。

  • Point1 キャリア/実績経歴(業界・職種・仕事内容・期間)、売上や利益実績、手がけた企画・受賞歴など。
  • Point2 マネジメント経験プロジェクト内容(予算・責任の範囲含む)、部下の数など。
  • Point3 専門知識/身につけたスキル/技術使えるソフト・使える範囲、プロジェクトの中で携わった部分など。
  • Point4 資格語学系、運転免許に加え、転職先で必要とされる資格があればすべて。
  • Point5 意欲/熱意他とは若干異なりますが、採用担当者は感じ取りますので重要です。

また、仕事をしていくうえで、自分が何歳までにどのような結果を残したいのかをしっかり考えておきましょう。きちんとしたキャリアプランがあれば仕事への取り組み方も変わってきますし、企業へのアピールにもつながります。その際、達成したい目標と年齢を細かく区切ることがポイントになります。

いつまでに内定をもらいたいかゴールを決める

企業からの内定をいつまでにもらっておきたいかを考えて転職の計画を立て、それに沿って動くことも重要なポイントです。企業によっては何度にもわたって面接が行われる場合もありますから、それを見越して余裕のあるスケジューリングをしておきます。計画なく漠然と続けていると疲れてしまったり、当初の目的がブレてしまう可能性もあります。いつまでに内定をもらいたいかのイメージを持つよう心掛けてください。

転職活動のスタイルを決める

あなたは、働きながら派?退職してから派?

転職活動で多くの方が悩むのが、今の仕事と並行して行うか、退職をしてから活動に専念するかという点です。退職から次の企業へ入社するまで間を空けたくない場合は仕事をしながらの活動がおすすめですが、転職活動に専念したいということであれば、今の仕事をしっかりと果たして退職し、そこからスタートするのがよいでしょう。
事務職で日中の外出がほとんどない方が並行した活動をする場合、有休を使ったり、定時後を利用したり、土日を利用するなど工夫が必要ですし、退職してから転職活動に本腰を入れる場合、活動中は収入が発生しないため、その間の生活費などへの注意が必要です。生活が立ち行かなくなり、転職活動ができなくなったら本末転倒。また、長期化するとブランクが長く空くため企業側の印象が悪くなることや、良い条件で内定が出ない場合があることも念頭に置いて判断しましょう。

転職の進め方を決める

転職の進め方は大きく分けて3種類あります。それぞれの特徴をチェックして、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

1独自路線 〜各企業のHPから直接申し込む〜

面接の申し込み方法として最初に思い浮かぶのが、企業に直接コンタクトを取る方法ではないでしょうか。中途採用を募集している企業のHPにアクセスしてメールなどでコンタクトを取れば、直接担当者に話を通すことができます。ただし、募集を行っていない企業ではほぼ取り合ってもらえないため、無駄な労力となってしまう場合もあるでしょう。

2転職エージェントの活用

転職について幅広くサポートしてくれるエージェントを活用すれば、自分のスキルや目標、やりたいことなどの条件に合った企業の紹介を受けることができます。さらに、自己解決が難しい「履歴書や職務経歴書の添削」や「面接アドバイス」を丁寧にフォローしてくれて、転職活動中は、皆さまの一番の理解者になってくれます。

  • <Spring転職エージェントの魅力> Spring転職エージェントは日本全国のあらゆる業界の数万社にわたる企業とネットワークを持っていますので、非公開求人やキャリアを生かせる求人など幅広い求人のご紹介が可能です。また、皆さまの担当エージェントが求人企業担当者でもあるため、求人内容や社風、求めるスキルなどを詳しく把握しています。そのため企業とあなたとのベストマッチングを可能にします。

3転職サイトの活用

インターネット上には転職をサポートするサイトが多数あります。求人情報を閲覧して比較できるだけではなく、自分のスキルや条件などの情報を登録しておけばその条件に合った求人をメールで配信してくれる機能もあり、気になった企業にそのまま応募もできます。一方で、掲載されている求人情報だけでは、会社の雰囲気や社長・人事担当者の人柄などがわからないですし、サポートも受けられないため、例えば、何故面接で落とされるのかがわからないまま転職活動を続ける必要があります。
また、紹介されている求人情報は掲載期間が過ぎるとクローズされ、申し込みができなくなります。転職サイトで求人広告の掲載が終わっても、転職エージェントへ継続して求人の依頼をしている場合がありますので、応募者は転職エージェント含めた広い選択肢の中から求人を選定し応募することができます。

選考に向けた抜かりない準備

転職計画を立てたら、書類や面接対策の準備を同時に始めましょう。

  • 志望動機、自己PRをまとめる提出する応募書類に関して、明確な志望動機や自己PRをわかりやすくまとめておくことが大切です。自分のスキルや経歴に関しても長くなりすぎないようにポイントを押さえて、企業に伝わりやすいように整理しましょう。
  • 履歴書と職務経歴書の準備面接に必須の書類が履歴書と職務経歴書です。これらの書き方によっては、せっかく素晴らしい経歴やスキルがあっても伝わらないこともあります。自分のアピールポイントを的確に押さえた書類を作成しましょう。
  • 面接対策これまで準備してきたことを踏まえて、転職の目的や今後の目標、自分のスキルなどを面接で簡潔に答えられるように頭の中で組み立てておきましょう。また企業への質問事項もこのときに用意しておきます。その質問内容によって企業側が持つ印象が変わってくることもあります。

転職は事前の準備が非常に重要です。目標を立て、自分の中でキャリアアップの計画を明確にしておくことで、具体的な行動がイメージできるはずです。これまでの自身の経歴を洗い出し、そのうえで今後どのようなキャリアを形成していくべきなのかを改めて考えてみましょう。事前準備を整えて臨むことが、失敗のない、後悔のない転職活動につながります。

コンサルタント 藤田孝弘

大学卒業後、人事系コンサルティング会社にて人材採用と教育・人事制度関連の法人向けコンサルティングに約10年間従事。その後、人材サーチファームにてITやコンサルティング業界を中心とした転職コンサルタントを経て、アデコの人材紹介サービスの立ち上げに参画し、現在に至る。人材サービス業界において30年近いキャリアを持つ。

※2016.10.25の記事

Spring転職エージェントでは、無料で転職相談を承っています。
この記事を読んで興味を持たれた方は、下のボタンをクリック!Springに登録