アデコグループのスプリング転職エージェント

転職コラム:IT業界の転職、ウソ・ホント 転職にまつわる様々なウワサや疑問に、現役コンサルタントがずばり解答!

疑問その1

1/2 ページ


転職回数が多いと不利になりますか?

「キャリアアップのため、これまで2回の転職を行ってきましたが、現在の会社の業績不振に伴い3回目の転職を考えています。実務経験は自分でも申し分ないと思うのですが、ほとんど一次面接までで落とされてしまいます。やはり、転職回数が多くなると不利になるのでしょうか?」

(31歳 SE)


私がお答えします。

石山 元善(いしやま・もとよし)
Spring転職エージェント コンサルタント

IT機器・通信機器のセールスを経てアデコへ。IT部門に配属されエンジニアのキャリア支援に従事する。一旦他業界を経験後、コンサルタントとして、流通系・医療系領域を担当。モットーは求職者目線で地道にコツコツと。


基本的には転職回数が多いと不利ですが、
明確に理由を説明できれば必ずしもマイナスになるとは言えません。

転職回数が多さは、原則として不利になります。ただし、採用担当者は転職回数だけでなく、転職にあたっての動機や目的、達成された成果にも注目しています。
転職理由をきちんと説明し、転職によるスキルアップを証明できれば、マイナスを帳消しにできるはず。転職回数にこだわらない、外資系企業やベンチャー企業を狙うのもひとつの手です。


転職回数が多い=定着率が悪いとみなされる

結論からいえば、転職回数が多いほど転職活動にあたっては不利といえます。

転職回数が多い人は、どうしても採用担当者から定着性が悪いと見なされる傾向があります。そもそも何回も転職を繰り返すような人は、職場環境や業務の内容に不満があると、すぐに次の会社へ転職してしまうのではないか…、そう考えられやすいわけです。

一部の保守的な会社では、3〜4回の転職を繰り返してきた人の応募を、書類審査の段階で落としてしまうことも珍しくありません。質問者のように30代で2回の転職を行っている場合、会社側が採用に及び腰になってしまうことは十分に理解できます。

もちろん仕事をしていて、今のままでは自分のキャリアアップに必要なピースを埋めることができないと感じたり、会社の倒産といったやむを得ない理由により転職を行う場合もあるでしょう。

そこで大事なのが、これまでの経歴において何のために転職し、その結果どのようなキャリアを積むことができたのか、採用担当者にきちんとアピールすることなのです。

ここで実際に、転職回数がまったくマイナスとならなかった例を見てみましょう。


自らのスキルを磨くことを目的に2回の転職

中堅SIerでシステムエンジニアとして勤務する寺島さん(仮名 32歳)。大学卒業後は小規模なソフトハウスに入社しましたが、SEとして上流工程に携わり、お客さんと折衝するスキルに磨きをかけたいという希望から27歳で現在の会社に転職。

たまたま会計システムのプロジェクトに配属されたことをキッカケとして、会計分野のエキスパートになりたいという希望を持つようになります。

そこで、再度の転職を決意した寺島さん。仕事の合間に勉強していた簿記の資格を取得し、転職活動に挑みます。結果、独自の会計パッケージを持つ大手SIerからオファーを受け、会計システムを専門とするコンサルタント職として採用されることに。

年収もこれまでの650万円から、50万円のアップとなる700万円となりました。


寺島さんの場合は、高い意識を持って転職を行っており、しかも転職を行うごとに目標に向けてキャリアアップを果たしていることがハッキリとしています。つまりそれだけ、企業にとっても魅力が大きい人材だということです。

寺島さんのようなケースで、転職回数が2回程度であればほとんどは問題とされることはないでしょう。

  • PREV
  • 1
  • 2
  • NEXT

ITエンジニアの転職活動を強力にサポート

自分の今後のキャリアについて転職も視野に入れて考えているITエンジニアの方は、Spring転職エージェントのエンジニア専門のコンサルタントに相談してみませんか? IT業界に精通したベテランのコンサルタントがお話を伺ったうえで、あなたのキャリアにとって最適な解決方法をご提案いたします。プロのキャリアコンサルティングをぜひご体験ください。

Springに登録(無料):新しくウィンドウが立ち上がります


Springに登録(無料)




  • mixiチェック