アデコグループのスプリング転職エージェント

日本の企業が、海外に設立した支店あるいは現地法人(その国に登記された法人)に、日本の本社から人を派遣した場合、その人は「海外駐在員」となります。駐在員は赴任時に任期が決まっている場合が多く、その任期が終わると日本に戻るのが一般的です。もちろん給料は日本法人から支払われますので、日本の給与水準となります。駐在員の多くは、在籍している社員の中で優秀だと認められた方が選出されるのが普通であるため、中途採用での「駐在員募集」という求人はほとんどありません。
一方、「海外での就職」とは、(日本企業の支店や現地法人を含め)海外にある会社に、現地勤務を前提として直接採用されることを指します。ほとんどの場合、現地での給与水準によって支払われますので、給与や待遇においては駐在員と海外就職者ではかなり格差がでてしまいます。

前述でほとんどそういった求人はないと書きましたが、Spring転職エージェントにいただく求人の中には年間数件は、すぐに海外赴任をするという前提での求人が存在します。理由としては、急に海外展開を強化したため、語学の堪能な社員が少ないであるとか、ある特殊な技術やスキルを持った人を赴任させる必要があるなどといった特殊なケースがあるからです。

現在現地に日本人専門のサポートチームがおります3カ国(地域)になります。シンガポール、タイ、香港です。(今後拡張予定)

紹介は行っていません。直接、アデコの現地法人にお問い合わせください。
※シンガポール、タイ、香港は、日本人専門のサポートチームを要しています。

ビザは、外国人が入国し、一定期間滞在して何らかの活動をすることを、国が許可する証明書です。観光ビザ、学生ビザ、労働ビザなどがございます。国によってビザの種類は細かく分かれ、名称もさまざまですし、取得するために必要な条件も様々です。日本人が海外旅行をする場合、ビザ取得が免除されている場合が多いため、なじみがないかもしれませんが、通常外国を訪れる場合は、目的に合わせて必要な書類を準備し、ビザを取得しなければなりません。
海外で就職して働くには、労働ビザなど、その国での労働が認められているビザが絶対に必要です。取得するには、まず雇用主に雇用を保証してもらい(スポンサーとなってもらい)、申請手続きを行います。各国ごとに、学歴や職務経験、能力などの取得条件が異なりますので、それぞれの大使館にあるビザの担当部署に確認した方が良いでしょう。最近でもシンガポールのビザ取得条件が変わるなど、ビザ発給のルールを定めている移民法はよく改正されますので、最新情報を得ることが大切です。最近ではウェブサイトに情報掲載されている場合もありますので、検索してみても良いと思います。

雇用主(就業予定先企業)が就労ビザの申請を行いますが、Spring転職エージェントでは皆様のお手伝いができる体制をとっております。

シンガポール、タイ、香港以外の求人案件に関しては、アデコ各国が運営しているサイト経由でお申し込みをお願いします。

労働ビザを取得する場合、各国政府は、自国民の雇用を優先するという見地から、労働ビザの発給に厳しい条件を定めているケースが多いです。国ごとにビザの仕組みが異なりますが、雇用主である会社の適性(事業内容や現地スタッフの人数など)と本人の適性(学歴や職業経験)など、様々な観点から総合的に判断されます。

一般的に日本の方が行う業務は英語・日本語にて行われます。職種によって問われる英語のレベルは異なりますが、現地スタッフと英語にてコミュニケーションがとれるレベルは必要になります。

可能性はありますが、応募できる求人が非常に少なくなります。英語+第二外国語の募集の方がよりニーズが多いので、英語力をアップさせてから仕事を探した方が希望の求人を見つけられる可能性は高くなります。場合によっては応募可能な求人もありますので、お気軽にお問い合わせください。

転職支援サービスに関するお問い合わせ先 サービスや登録に関するご質問・申し込みについては、こちらをご確認ください。