アデコグループのスプリング転職エージェント

転職支援とは:よくある質問 第二新卒について

Spring転職エージェントでは、このほど20代・第二新卒の方に向けて、個別のキャリアカウンセリングを実施いたします。社会に出て、「本当にこの仕事は自分に向いている仕事なのか?」という思いが頭によぎった経験のある方は、この機会にSpring転職エージェントの経験豊富なコンサルタントとともに、適職探しをしてみませんか?

「第二新卒」の定義については諸説ありますが、代表的な説は2つです。

  1. 一般的に、就業経験を「キャリア」と呼ぶには、同一職種において丸3年以上の経験が必要だと言われているので、そこから「社会人経験3年未満の若手求職者」を指しているという説。経験はないものの、社会人として基本的なビジネスマナーを備えている方と言い換えることができるのではないでしょうか。ここから考えると、キャリアチェンジ(例えば、営業職→経理職への転職)はすべて第二新卒という定義に該当してしまいます。裏をかえせばキャリアチェンジは第二新卒でなければ実現が難しいとも言えます。
  2. 給料、入社日、入社時の等級などすべてが新卒と同じ扱いで採用することを指しているという説。新卒ではないが、採用は新卒と同じというパターンです。1の場合は社会人としての経験は選考段階で評価されるのですが、この場合は完全なるポテンシャル採用ですので、選考基準も新卒採用と同等の場合がほとんどです。

「経験が短いので、大した実績や成果がなく、職務内容を書くことができない」と、悩まれる方は多いようです。では少し違った角度から見てみましょう。採用する側の企業は第二新卒者に対して実績や成果を求めているのでしょうか?職務経歴書に書いてある実績や成果で判断するのでしょうか。答えは否です。社会人の経験が2〜3年ではまだまだ実績や成果がなくても当たり前なのです。では職務経歴書の何を見ているのかというと“どのように工夫して職務経歴書を書き上げてくるか”という点を見ているのです。その内容に、創造性、論理的思考能力、プレゼンテーション能力、今後のキャリアの志向性などを感じ取っているのです。たとえ、主だった実績がなかったとしても、その意識を持って、自分なりに創意工夫して職務経歴書を作成できれば問題ありません。
日常の細かな努力や工夫こそがアピールの材料。日々何を考え、どう行動したのか、具体的に書きましょう。もちろん、それによって何らかの成果があったのであれば、それも忘れず記述してください。

「今の会社は官僚主義的な社風なので自分に合わない!」「やっぱり経理のような机にずっと座っている仕事は合わない」自分が向いていないこと、やりたくないことはすぐにでもわかるのですが、では「何がやりたいの?」と聞かれると、自分のことなのにわからないということ、ありますよね。実際に転職活動をしようとした時に、「どうして官僚主義的な会社が自分に合わないのか?」「机に座っていなくても良い仕事ってどんなことがあるの?」ということが分からなくて、活動が進まないという話も良く聞きます。

そもそも、漠然とした、しかし本音である気持ちを具体的な形にするのは、転職活動でなくても難しいものです。そんな時にはプロに相談するのが一番。私たちSpring転職エージェントのコンサルタントは、"マイコンサルタント"というコンセプトの基、まだ悩んでいる段階からご相談を受け付けております。また、既に具体的に転職を考えている方の中でも、多くの場合は転職初体験になるわけですから、不安に感じられることがたくさんあると思います。社会人としても、コンサルタントとしても経験豊富なコンサルタントが担当として付きますので、じっくりご相談させていただき、きめ細かなサポートをしております。大切なことは「転職する」ことではなく、皆様の希望する「キャリアプラン」を実現することだと思います。

転職支援サービスに関するお問い合わせ先 サービスや登録に関するご質問・申し込みについては、こちらをご確認ください。